※本ブログ記事は2015年12月28日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

今回が今年最後のメルマガですが、

今年も1年間ご購読頂き、ありがとうございました。


来年もより一層濃い内容で配信していきますので、よろしくお願いします。


さて、今年最後の告知ですが、「税務調査のノウハウ」です。


「税務調査の裏交渉術、真の反論ノウハウ」というシリーズのセミナーを

過去4回行いましたが、その「VOL1」を「映像配信」という形式で

公開することにしました。


※ この内容のDVDを購入された方は当然、同じ内容ですので、

  お申込みされないよう、お願いします。


この秋の税務調査で痛い目にあった方もいらっしゃると思いますが、

それは「交渉の仕方を知らなかった、間違えていたから」である場合も

よくあります。


年末年始はゆっくりされると思いますが、時間がある時でもあります。


正直なところ、TVも飽きてくるでしょうから、空いた時間に是非、

「税務調査の【正しい】交渉ノウハウ」を学んで頂ければと思います。


---------------------------------------------------------------------
「税務調査の裏交渉術、真の反論ノウハウ」(VOL1)

※ DVDではなく、映像配信サービスとなります。

※ 提供元は「株式会社経営コンテンツサービス」となります。

http://kc9022.com/html/page3.html 
---------------------------------------------------------------------


では、1分セミナーにいきましょう。


今回はお正月も近いということで、

「お年玉は贈与税の対象になるのか?」を解説します。


先日、ある方からご質問がありました。


○ 毎年、私は孫に110万円の金銭贈与をしています(銀行振込)。

○ この他に、お年玉を1万円渡しています。

○ この孫は親せき一同からのお年玉を合計すると5万円程度になります。

○ この孫が1年間で手に入れる金額は115万円となりますが、

  贈与税の非課税限度額110万円を超えるので、贈与税を支払う

  義務が生じてしまうのでしょうか?


結論からいうと、お年玉は贈与税の対象になりません。


なぜならば、 相続税基本通達に下記の内容が書かれているからです。


タイトルにもある通り、「非課税の取扱い」です。


---------------------------------------------------------------------
(社交上必要と認められる香典等の非課税の取扱い)

個人から受ける(中略)年末年始の贈答(中略)のための金品で、

法律上贈与に該当するものであっても、社交上の必要によるもので

贈与者と受贈者との関係等に照らして社会通念上相当と認められるもの

については、贈与税を課税しないことに取り扱うものとする。 
---------------------------------------------------------------------


だから、社会通念上の相当額であれば、そもそも110万円の枠は

関係ないのです。


税理士のブログ等をみると、「お年玉は110万円に達しないから、

贈与税はかからない」などと書かれているものもありますが、

これは間違っています。


繰り返しになりますが、お年玉は社会通念上の相当額である限り、

そもそも論として、贈与税の課税対象ではないのです。


つまり、110万円の非課税限度額を考えなくてもいいのです。


冒頭のご質問のケースにおいても、親せき一同から合計で5万円との

ことですので、これは社会通念上の相当額と言えるでしょう。


では、お年玉が100万円なら、どうなるでしょうか?


さすがに、これは社会通念上の相当額とは言えないので、

贈与税の課税対象になります。


いかがでしょうか?


「お年玉に贈与税がかかるなんて、おかしい」というのは

感覚論から言えば、社会常識です。


しかし、「通常の贈与と合算すると110万円を超える場合は?」と

質問されると、明確に答えられないケースも多いでしょう。


この答えは上記の通りですので、覚えておいて頂ければと思います。


もちろん、社会通念上の限度額がどの程度なのかという明確な基準は

ありませんが、家庭により差はあるものの、「世間一般のお年玉」

という範囲で考えてもらえれば、大きな問題になることは無いでしょう。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


今日が仕事納めです。


平成14年1月に起業し、丸14年が経過しました。


来年は15周年。


自分の集大成の年なので、より一層の充実した内容を皆さんに

お届けしていきます。


ご期待ください! 

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: