※本ブログ記事は2016年1月18日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
■ セミナーお知らせ(その1、東京、名古屋、大阪、福岡)


「節税対策の【盲点】徹底解説セミナー」


<過去のご参加者の声>


〇 静岡県富士宮市 アイパックス イケタニ株式会社

  代表取締役社長 池谷裕人 様


  生命保険等、知らない事が多々あった。

  知らなければ何もできない。知識が必要だと痛感した。


〇 東京都渋谷区 大石税理士事務所 大石源治 様

  普段、当然と解釈していた事項、事案につき、具体的ケースを

  挙げていただきながら警鐘を鳴らして頂き、大変参考になりました。

  ありがとうございました。


〇 東京都新宿区 青山システムコンサルティング株式会社

  代表取締役 谷垣康弘 様

  来年には代表取締役を退職して、役員退職金を取る予定でいたので、

  最後の説明は大変参考になりました。


詳細は → http://www.success-idea.com/201602/
---------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
■ セミナーのお知らせ(その2、東京、名古屋、大阪、福岡、仙台、金沢)


「生保営業支援塾(平成27年開催分のダイジェスト版セミナー)」


<過去のご参加者の声>


〇 ソニー生命保険株式会社 下田育雄 様

現場で使える情報を沢山学ぶ事が出来たので良かったです。

「あのお客様に伝えよう」と、話を聞きながらお客様の顔が

具体的に浮かぶセミナーでした。


〇 株式会社エムアイシー 小田洋 様

逓増の出口戦略は大変参考になりました。


〇 株式会社アーネストプレイス 岸浩二 様

具体的事例、判例などもりだくさんで、

今回も非常にすぐに実務に役立つ情報でした。


詳細は → http://www.seiho-juku.com/seminar/
---------------------------------------------------------------------


では、1分セミナーにいきましょう。


今回は「税制改正で税務調査への対応が変わる」を解説します。


昨年12月に平成28年度の税制改正が発表されました。


その中に興味深いものがあります。


それは「税務調査【前】の修正申告」についてです


現在の税法では、

〇 税務調査の事前連絡があった

〇 税務調査【前】に金額の大きなミス、重大な間違いが分かった

〇 税務調査【前】に修正申告書を提出した

〇 原則として、過少申告加算税はかからない

となっています。


また、以前にも解説しましたが、

〇 過少申告加算税がかかる場合

かつ、

〇 隠ぺい、仮装がある場合

にかかるものが重加算税です。


だから、そもそも過少申告加算税がかからなければ、

重加算税の対象にもなり得ないのです。


結果として、税務調査【前】に修正申告書を提出すれば、

過少申告加算税も重加算税も原則として、かからないのが現在の税制です。


では、これが税制改正どう変わるのかというと、税務調査【前】でも、

〇 修正申告による納税額について、過少申告加算税5%を課す

〇 50万円を超える部分に関しては、さらに5%を併課

→ 「期限内に申告した税額」と「50万円」のいずれか多い額を

  超える部分について、5%上乗せして10%

となります。


当然、この場合において、隠ぺい、仮装に該当すれば、

重加算税の対象にもなります。 


ちなみに、この改正は

「平成29年1月1日以降に申告期限が到来する事業年度」

から適用になります。


それから、上で「税務調査の事前連絡」と書きましたが、

正式な「税務調査の事前連絡」は税務調査の日時、場所などの

「様々な項目」を通知することが法律で定められています。


しかし、ここで書いた「税務調査の事前連絡」は正式なものではなく、

〇 税務調査を行う旨

〇 税務調査の対象となる税目

〇 税務調査の対象となる期間

の「簡易的な連絡」ということになります。


結果として、正式な「税務調査の事前連絡」【前】であっても、

上記3項目の連絡があった場合は、その後に修正申告書を提出しても、

過少申告加算税(重加算税)の対象になる、ということです。


繰り返しになりますが、現在の税制では、税務調査前に修正申告書を

提出すれば、原則として、過少申告加算税(重加算税)はかかりません。


これが 「平成29年1月1日以降に申告期限が到来する事業年度」から

改正になるので、覚えておきましょう。


当然、上記の事業年度から対象になるということは、

平成28年に行なわれる税務調査はこの対象にならないということです。


併せて、覚えておいてください。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


今日は雪ですね・・・。


昨日だったら、子供と雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりできたのに、

残念です。


あ、昨日、子供と一緒に遊んだ動画をフェイスブックにアップして

おきましたので、どうぞ、ご覧下さい。


これが私の日常です(笑)。


ご面識の無い方でも友達申請OKです。


https://www.facebook.com/mitamura?ref=profile

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: