※ 本ブログ記事は過去(2017年10月2日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


 
さて、11/6(月)に名古屋で下記セミナーを開催します。


「年商1億円以上の会社が検討すべき節税のポイント」セミナー


午後2時~5時、その後、懇親会ありです。


なお、10/2(月)~6(金)にお申込み頂き、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
かつ、実際にご参加頂けた方「限定」で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた下記の書籍3冊をプレゼントします(無料)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇 「金持ちファミリーの「相続税」対策 ここを見逃すな!」

〇 「ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査 ココが狙われます!!」

〇 「これだけ! B/SとP/L」


また、内容の一部は下記ですが、

「優良会社の役員退職金の功績倍率は何倍までなら税務調査で戦えるのか?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
につき、私見ではありますが、初めてセミナーで公開します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

根拠は実際の過去の裁決や判決です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇 優良会社の役員退職金の功績倍率は何倍までなら税務調査で戦えるのか?(私見)

〇 決算月の違いによる税務調査の対応方法と中小企業が選ぶべき決算月の考え方

〇 所得税の節税をし、生涯手取り額を最大化する方法

〇 利益がない、キャッシュもない、社長の体調も悪い時の生命保険の活用法

〇 期末に利益や資金繰りが厳しい場合、利益とキャッシュを確保する方法

〇 死亡保険金に対する多額の課税を繰り延べる方法


なお、共催者である一般社団法人中小企業支援センターの意向により、

お申込み者多数の場合、抽選によってご参加の可否を決めさせて頂きます。


当選された方には10/23(月)に参加証を

「代金引換郵便」にて郵送致します。


また、当選の発表は参加証の発送をもって代えさせて頂きますので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個別のお問合せはされないようにお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう1点。


これも共催者でもある一般社団法人中小企業支援センターの意向ですが、

下記の方はご参加頂けませんので、ご了承ください。


〇 税理士、公認会計士、会計事務所にお勤めの方

〇 生損保代理店の方、生損保会社の方、生損保営業の方

〇 個人事業主の方


上記書籍3冊のプレゼントの対象になる方は

今週の金曜日までにお申込み頂いた方「のみ」ですので、

お早目にお申込み頂ければと思います。


---------------------------------------------------------------------
「年商1億円以上の会社が検討すべき節税のポイント」

http://www.success-idea.com/171106/
---------------------------------------------------------------------


では、今日は皆さんに

「平成29年度に改正された役員報酬」を解説します。


平成29年度の税制改正では役員給与に関して、

様々な改正がされています。


その中で意外と知られていないことがあったので、

今さらではありますが、お知らせします。


それは「役員報酬の額面は一定額でなくても、損金算入OK」

という話です。


ただし、どう変動してもOKという訳ではなく、

「手取り額※が同額ならば(定額ならば)損金算入OK」ということです。


※ 源泉所得税、特別徴収の住民税、社会保険料控除後の金額


まとめると、下記となります。


(改正前)

役員報酬の「額面」が同額であれば、損金算入OK


(改正後)

〇 役員報酬の「額面」が同額であれば、損金算入OK

または

〇 役員報酬の「手取り額」が同額であれば、損金算入OK


なお、この改正は平成29年4月1日以後に

決議される役員報酬から適用になります。


そのため、もう過ぎた話ですが、

〇 役員報酬の改定を3月31日に行なった会社:改正前の税制

〇 役員報酬の改定を4月1日に行なった会社:改正後の税制

ということだった訳です。


なお、この手取り額を一定にするためには

〇 手取り額から額面を逆算しなければならない

〇 新しく通知された住民税を徴収するタイミングと

  毎年の改定後の社会保険料を徴収するタイミングが違う

ということから、少し煩雑な計算になります。


しかし、単純に考えてください。


要は「役員報酬の手取り額が同じ」ということは

「会社が支払う金額が同じ」ということです。


役員報酬の改定の決議は原則として期首から3か月以内に

行わなければなりません。


ただし、徴収額の変動により額面が変動することは、

ここでいう「改定」ではありませんので、

額面の計算は後でもいい訳です。


社長、役員の場合は給与明細が発行されていないケースも多いでしょう。


実際、私も毎月の給与明細はもらっていませんし、

当社のお客様でもそうされている方もいます。


そういう意味では、会社が適正に定額を払っておけば

その時点で額面の計算ができていなくても、

役員報酬の損金算入は可能となるのです。


もちろん、その時点で額面の計算ができていれば、ベストですが。


今日の話は税理士にとっては当たり前の内容なのですが、

懇親会などで社長さんと話をしていると、意外に知られていないので、

ここで皆さんにお知らせしておきますね。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


昨日から年末大掃除を始めました(笑)。


私の家では寒い時期に一気にやるのではなく、

秋晴れの日に少しずつやり、年末年始はゆっくりすることにしています。


楽ですよ~。


皆さんも是非、試してみてくださいね。


ただし、来週は運動会があるので、できないかもしれませんが(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: