※ 本ブログ記事は過去(2019年7月11日)に配信したメルマガを掲載したものです。

------------------------------------------------------------------------------
日本中央税理士法人の求人情報


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

今月の「月刊 中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」の

テーマは下記です。


「出張日当を税務調査で否認されないようにするポイント」


出張がある場合、「日帰り」であれ、「泊り」であれ、

出張日当を出すことができます。


この出張日当は「所得税」も「住民税」も「非課税」、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「社会保険料」の対象にもなりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから、社長などの役員が出張する場合、

この支給を【絶対に検討すべき】なのですが、

検討していない、支給していない、という会社もよくあります。


もし、皆さんの会社が導入していないならば、

下記DVDを是非、ご覧ください。


また、既に導入しているとしても、  

「税務調査を前提に気をつけなければならないこと」を

きちんと身につけておいてください。


具体的な内容は次のとおりです。


〇 出張日当が非課税になる【根本的な考え方】

〇 出張日当を非課税にする【ポイント3つ】

〇 出張日当を出している会社は【どの程度の金額】を出しているのか?

〇 【役員報酬600万円】、【出張日当400万円】が【税務調査で指摘された結果】は?

〇 非常勤役員に対する日当が【否認された事例】と【その理由】


是非、このDVDをご覧いただき、

〇 法人:支払った金額が経費になる(消費税の控除もできる)

〇 個人:もらったお金に所得税、住民税、社会保険料がかからない

という出張日当を導入し、

皆さんの「可処分所得」を増やすことを検討してください。


------------------------------------------------------------------------------
「月刊 中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」


※ 2分間のダイジェスト動画もありますので、

  ご参考になさってください。


※ 「定期購入」も「単品購入」も可能です。


http://www.zeimu-news.com/
-----------------------------------------------------------------------


では、今日は

「税務調査において、納税者に立証責任があるもの」

を解説します。


税務調査官の異動も終わり、

税務調査の季節が始まります。


そこで、今日は税務調査に関する内容を解説しますが、

多くの方が誤解をされていることがあります。


それは「立証責任は納税者、国税のどちらにあるのか?」

ということです。


結論は「立証責任の『大半』は国税にある」ということです。


実際、国税庁のホームページに記載されている下記論文にも

次のとおり、書かれています。


【】は私がつけました。


------------------------------------------------------------------------------
税務訴訟における立証責任 ―裁判例の検討を通して―


このような状況で、税務訴訟の判決の結果に着目してみると、

国側敗訴の件数も増加傾向が認められる。

このような状況が発生している要因の一つとして、

税務訴訟における処分の取消訴訟においては、

原則として、【課税庁側に立証責任がある】ことが考えられる。


執筆者:税務大学校研究部教育官 小柳誠 氏
------------------------------------------------------------------------------


だから、皆さんの会社に税務調査があり、

何かしらの指摘を受けたならば、

その根拠の立証は国税側がすべきものなのです。


だから、「本来であれば」、

税務調査官との会話はこうなるべきです。


---------------------------------------------------------------------
調査官:皆さんはクロです。

調査官:なぜならば、〇〇〇〇だからです。


皆さん:いいえ、私はシロです。

皆さん:なぜならば、□□□□だからです。
---------------------------------------------------------------------


しかし、実際の税務調査の現場では

こうなっていることもあります。


---------------------------------------------------------------------
調査官:皆さんはクロです。

調査官:皆さんが「自分はシロ」と主張するならば、

    その立証をしてください。


皆さん:・・・。
---------------------------------------------------------------------


つまり、納税者に転嫁されていることもあるのです。


だから、こうならないように注意をして頂きたいのですが、

「納税者側に立証責任があるもの」もあります。 


代表的な例を挙げると、

〇 貸倒損失

〇 簿外経費

ですが、今回は「貸倒損失」について解説をします。


「簿外経費」については、次回に解説します。


貸倒損失は「その全額が回収できないことが

明らかとなった事業年度」の損金です。


この「全額が回収できないことが明らか」という立証は

難しい場合も多いのですが、

皆さんの会社がしなければならないのです。


実際、仙台高裁(平成8年4月12日)では下

記と判断しています。


------------------------------------------------------------------------------
貸倒損失は、通常の事業活動において、

必然的に発生する必要経費とは異なり、

事業者が取引の相手方の資産状況について十分に注意を払う等

合理的な経済活動を遂行している限り、

必然的に発生するものではなく、

取引の相手方の破産等の特別の事情がない限り生ずることのない、

いわば特別の経費というべき性質のものである上、

貸倒損失の内容を熟知し、

これに関する証拠も被課税者が保持しているのが一般的であるから、

被課税者において貸倒損失となる債権の発生原因、

内容、帰属及び回収不能の事実等について具体的に特定して主張し、貸倒損失の存在を

ある程度合理的に推認させるに足りる立証を行わない限り、

事実上その不存在が推定されるものと解するのが相当である。
------------------------------------------------------------------------------


ここで重要な要素の1つに

「回収をしようと努力した経緯」を示す証拠です。


しかし、実際には、これが残っていないことも多いのです。


たとえば、

〇 回収努力をした経緯が記録に残っているか?

→ 報告書、メール、電話録音など

〇 宛先不明で返送されてきた請求書(封筒ごと)

などが残っているか?ということです。  


ありがちなのが、「電話しただけ」であって、

何も記録が残っていないというケースです。


どんな会社でも貸倒損失を計上することがあるので、

皆さんの会社では「記録の保存」をし、

皆さんの会社の「立証責任」を果たしてください。


ここは全ての会社に日常茶飯事的に起こり得る話にも関わらず、

その保全がされていないことも多い部分です。


皆さんの会社はそうならないように、

社内での管理体制を再度、見直して頂ければと思います。


皆さんが

〇 税務調査の件でご相談をされたい場合

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


今週は月曜日からセミナー講師が連続しており、

今日で4日連続です。


若干、声も枯れていますが、

これが終われば、土曜日からは3連休です。


しっかりと声を復活させ、

来週からのセミナーに備えたいと思います。


ちなみに、来週は3回です(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: