※本ブログ記事は2016年4月5日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

---------------------------------------------------------------------
■ セミナーのお知らせ


50以上の事例を徹底検証!!!

「分掌変更による役員退職給与の具体的事例」


※ 4/1(月)~18(金)に開催

※ 会場:札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

※ 対象者は税理士事務所の所長、税理士法人の代表社員のみ


私のところには「〇〇(地域名)で税理士を紹介して欲しい」という
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
依頼がありますが、この紹介制度の説明も本セミナーで行ないます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 紹介料、成約料は【一切】頂きません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://www.success-idea.com/teian/
---------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーは「税務調査における注意点」を解説します。


スギ花粉の飛来と共に(笑)、税務調査もやってきます。


そこで、今日は税務調査に関して、

〇 税理士からあった質問

〇 元国税調査官の久保憂希也氏がした回答

を2つご紹介します(質問者の名前は伏せます)。


なお、税務調査において、税務調査官が質問したり、

帳簿を見たりする権利のことを「質問検査権」と言います。


---------------------------------------------------------------------
■ 質問1

久保さん、おはようございます。


〇〇です。


次に税務調査のある会社の社長が「個人の通帳を調査官に見せるように

言われても絶対に見せない」と言っております。


この言い分は通りますでしょうか?


また、「法人税調査の質問検査権を超えていますので、見せられません」

という税理士の主張は有効でしょうか?


■ 回答1


〇〇さん、おはようございます。InspireConsulting@久保です。


法人に対する質問検査権の行使ですから、

個人の通帳など私物を見せる必要性はありません。


調査において代表者の通帳を求められた場合、

「事前通知において、法人に対する法人税の調査となっていますよね?

そうであれば、個人に対する質問検査権は無いはずですが、

個人の通帳を見せろとはどういうことですか?」と反論してください。


なお、国税庁の一般納税者向けのサイト

「税務調査手続に関するFAQ(一般納税者向け)」

の問7にも下記と記載されています。


(国税庁の記載はここから)

問7

法人税の調査の過程で帳簿書類等の提示・提出を求められることが

ありますが、対象となる帳簿書類等が私物である場合には求めを断ることが

できますか。


回答7

法令上、調査担当者は、調査について必要があるときは、帳簿書類等の

提示・提出を求め、これを検査することができるものとされています。


この場合に、例えば、法人税の調査において、その法人の代表者名義の

個人預金について【事業関連性が疑われる場合】にその通帳の提示・提出を

求めることは、法令上認められた質問検査等の範囲に含まれるものと

考えられます。


調査担当者は、その帳簿書類等の提示・提出が必要とされる趣旨を説明し、

ご理解を得られるよう努めることとしていますので、調査へのご協力を

お願いします。

(国税庁の記載はここまで)


※ 【 】は見田村が追加。


ただし、「事業関連性が疑われる場合」には質問検査権の対象になる

可能性はあります。
---------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
■ 質問2


久保さん いつもお世話になっております。

税理士の〇〇と申します。


来週に行われる税務調査ですが、所轄の税務署から下記の2名で

3日間の予定になっています。


調査対象会社は、ケーブルの受注販売業で売上約10億円、

所得3,000万円前後です。


最近は7年に1回くらいのペースで税務調査が来ていますが、

特に大きな問題はありませんでした。


なお、調査官の10年職歴※は以下の通りです。


※見田村注 「10年職歴」は市販されています。


A氏

27年 相模原 特官
26年 査査2 総括
25年 査査9 総括
24年 査査16 総括
23年 査査29 総括
22年 査査25 総括
21年 査査25 総括
20年 査特 主査
19年 査査12 主査
18年 査国 国専官


B氏

27年 相模原 法特上席
26年 相模原 法特上席
25年 相模原 法4上席
24年 川西 法1上席
23年 川西 法1上席
22年 川西 法1上席
21年 川西 法1上席
20年 横中 法7上席
19年 横中 法8上席
18年 小田 法1上席


電話でのやり取りはB氏だけです。

A氏はずっと査察から税務署に異動になり、B氏は小田原や川西に

異動になったりしていますがどのような調査官でどのような調査に

なることが予測されますでしょうか?

ご教示くださいますようお願い致します。


■ 回答2

〇〇さん、ご質問ありがとうございます。InspireConsulting@久保です。


A氏は査察の情報(内偵担当)、実施(ガサ担当)の両方を

経験している特官です。


聞き取りも多く取っているでしょうし、久々の税務署の現場で

かなり強硬で来ることも考えられます。


B氏は、法人1部門の経験が長いことから、審理の細かい部分にも

精通していると思います。


小田原、横中、川西、相模原ですから、いわゆる神奈川要員で、

住まいが神奈川なんでしょう。


総じて、A氏が強硬に言ってきて、B氏が場を治める、

といった役割分担になることが予想されます。
---------------------------------------------------------------------


いかがでしょうか?


このように税理士からの税務調査に関する質問に関し、

〇 久保氏が元国税調査官ならでは視点から

〇 国税の「内部事情」も踏まえた上で

回答するサービスが「税務調査の「裏」交渉術&極選ノウハウ習得会」です。


事前に税務調査官の名前は分かりますから、

経歴からどのような税務調査になるのかを予想しておくことも重要です。


私はいつも申し上げますが、

〇 試合前に対戦相手の特徴を知らずにリングに上がるボクサーはいない。

〇 税務調査前に調査官の特徴、傾向を知らずに当日を迎える会社は多い。

というのも現実です。


ここもしっかりと調べておくべき部分です。


この習得会は

〇 日本全国で500名以上の税理士が登録

〇 税理士からの質問、久保氏の回答をメーリングリストで共有

という仕組みです。


ただし、この入会はいつも行なっている訳ではなく、

年2回しか行ないません。


そして、今回の募集は【今週の金曜日(4/8)で締切り】です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こう言ってはなんですが、色々な税理士の税務調査の対応を見ていると、

〇 税務調査に関する知識が足りない

〇 税務調査の対応方法が間違っている

〇 反論方法が適正でなく、水かけ論になっている

ということは【非常に多々】あります。


だからこそ、税理士の方は是非、この機会にご入会頂き、

顧問先を守るための相談ツールとして、ご利用ください。


なお、税理士以外の方はご質問頂くことはできませんが、

閲覧のみは可能なので、「税理士の質問&久保氏の回答」から

ご自身の会社を守るための知識を身に付けてください。


---------------------------------------------------------------------
税務調査の「裏」交渉術&極選ノウハウ習得会

http://inspireconsulting.co.jp/tax_lp/index05.html
---------------------------------------------------------------------



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


花粉症&風邪のダブルパンチで、鼻水が・・・。


花粉症はもう30年以上の付き合いです(笑)。


子供が幼稚園で風邪をひいてきて、妻がもらい、私にうつり・・・。


まあ、家族だから仕方がありませんね・・・。


家でもマスクをしていたのですが、うつる時はうつりますね・・・。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: