※本ブログ記事は2016年9月26日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


-----------------------------セミナー情報-----------------------------

「節税対策の徹底対策セミナー」


札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、福岡で開催。


なぜ、皆さんの会社の決算月はその月なのですか?


このセミナーでは中小企業の節税対策を多角的に解説しますが、

特に聞いて頂きたいのが「決算月と税務調査の関係」です。


実は、決算月と税務調査の時期には関係があるのですが、

多くの経営者がご存知ありません。


皆さんはご存知でしたか?


なぜ、皆さんの会社の税務調査はいつも秋なのか?、

または、春なのか?


そして、どちらが有利なのか?


さらに、いつもは春にある税務調査が秋にあったら、どういう意味なのか?


決算月と税務調査を受ける「確率」との関係は?


これを知って頂くだけでも充分に価値のあるセミナーですので、

是非、ご参加くださいね。


※生保営業支援塾の会員の方には、以前に別途、チラシの申込みと共に

無料参加のお知らせが配信済みですので、そちらをご覧ください。

そのため、生保営業支援塾の会員の方は下記からは申し込みをされないよう、

お願いします。

----------------------------------------------------------------------


今日の1分セミナーでは

「税務調査前、税務調査中の修正申告」を解説します。


〇 税務調査の事前連絡があった後で、税務調査の当日前までに

〇 税務調査の途中でも、税務調査官から具体的に指摘される前に

税務調査官の了解を取らずに修正申告をする場合は「普通に」あります。


なぜならば、この場合に提出した修正申告書は「原則として」、

過少申告加算税の対象にも、重加算税の対象にもならないからです。


ここで「原則として」と書いたことには理由があります。


それは税務調査前であれ、税務調査の途中であれ、

「否認されることが予想」できたので、修正申告をした前提ならば、

過少申告加算税の対象にも、重加算税の対象にもなるからです。


しかし、この「否認されることが予想」というのは

国税側に立証責任があり、この立証が難しい場合が多いのです。


だから、税務調査前であれ、税務調査の途中であれ、

税務調査官から具体的に指摘される前であれば、

自ら修正申告をしてしまうのです。


(具体的に指摘された後の修正申告書は

過少申告加算税の対象にも、重加算税の対象にもなります。)


当然、これは納税者の権利ですから

税務調査官の事前了解を取るべきものでもありません。


実際、私の周りの税理士も事前了解を取らずに提出していますし、

これが問題になったことも聞いたことがありません。


だから、税務調査前であれ、税務調査の途中であれ、

皆さんが、または、顧問税理士が大きなミス等を発見した場合には、

事前に修正申告書を提出すべきなのです。


ここで、1つの補足をします。


税務調査前に修正申告した場合に上記取扱いとなることは知っていても、

税務調査の途中でも同様の取扱いになることを知らない税理士は

沢山います。


シビアなことを言えば、税務調査前の修正申告の取扱いに関しても、

多くの税理士が知らないのが現実ですが・・・。


話を戻します。


税務調査の途中でも、具体的に税務調査官に指摘される前であれば、

過少申告加算税の対象にも、重加算税の対象にもなりません。


これが争点になった事例として、東京地裁(平成24年9月25日)が

ありますが、納税者が「全面的に」勝っています。


だから、皆さんは心配される必要はないのです。


ただし、この取扱いは税制改正により変わり、

平成29年1月1日以後に「法定申告期限が到来」する申告からは

この取扱いは適用できません。


この税制改正が適用される事業年度からは

税務調査官から具体的に指摘される前に修正申告書を提出したとしても、

過少申告加算税の対象にも、重加算税の対象にもなるのです。


ただし、「法定申告期限ベース」で税制改正が適用されますので、

平成28年12月31日が締め日である「事業年度まで」に関しては、

このメルマガの取扱いが適用できるのです。


秋は税務調査の最盛期です。


過去に解説してきた内容も含め、しっかりとこの内容もお役立て頂き、

税務調査を乗り切って頂ければと思います。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


日曜日は地元の神社のお祭りでした~(*^^)v


子供が山車を引く姿をカメラで撮るのが私の役目です(笑)。


子供が少なくなっている時代ですが、こういう風物詩はいいですね!


自分の子供の頃のことも思い出し、懐かしい気分になりました。


こういう行事がより盛り上がる時代になるといいですね~。 

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: