※本ブログ記事は2016年9月1日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」(過去開催分のダイジェスト版セミナー)

※ 札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡にて開催

※ 生命保険営業の方、生命保険会社の方【のみ】が対象者です。

http://www.seiho-juku.com/seminar/
----------------------------------------------------------------------


今日は皆さんに

「亡くなる方が生前にやっておくべきこと」を解説します。


題名は「亡くなる方が生前にやっておくべきこと」としましたが、

皆さんが相続人に該当する方なら、両親等に促すことも必要です。


私が言いたいことは「必要なお金を使っておく」ということです。


被相続人になるべき方がこれを「生前に」使っておけば、

その分だけ相続財産は減ります。


しかし、これを相続開始後に相続人が使えば、

「相続税を払った後の財産が減るだけ」ということになります。


これは当たり前のことなのですが、なかなかできていないこと多いです。


例えば、下記のような行為に対するお金が

「生前に使っておくべき必要なお金」です。


〇 墓地、墓石の購入

・ 墓地や墓石は相続税の対象になりません。

・ 以前のメルマガにも書きましたが、金の仏具や仏像を節税のために

  購入することは意味が無いばかりか、むしろ損します。


〇 土地の測量

・ 特に、隣地との境界が確定していない場合、確定させておくべきです。

・ 代が変わり、住人が変わり、もめるケースもあります。

・ 私の実家もそうだったのですが、越境しているケースもあります。

・ 登記上の面積と実際の面積が大きく乖離する場合、相続でのもめ事を

  回避するため、測量しておいた方がいいケースもあります。


〇 壊すものは壊しておく

・ 古い建物など、もう使わない物で壊すべき物は生前に

  壊しておきましょう。

・ 使わない建物が建ったままの場合、放火などのリスクもあります。

・ 相続した空き家の売却で、3,000万円の特別控除という特例が

  ありますが、今回はこれとの関係は割愛。


〇 不動産の瑕疵、リスクの保全

・ 土壌汚染や崩壊の危険性がある擁壁など、不動産に改善しておくべき

  瑕疵などがあれば、これを生前に改善しておきましょう。


〇 名義株を整理する

・ 中小企業の場合、1円のお金も出していないにも関わらず、

  株主として名前が載っている方がいます(単なる名義貸し)。

・ 当事者(例えば、社長と元役員)が死亡した後では、

  それが単なる名義貸しなのか?、本当に出資したものか?

  誰にも分からなくなってしまいます。

・ 当事者の片方でも代変わりすれば、人間関係も変わるため、

  もめるケースがあります。

・ 以前のメルマガでも書きましたが、「名義株に関する確認書」を

  当事者が存命、かつ、意思能力のあるうちに交わしておきましょう。

・ この確認書をもらう際に「判子代」が必要になることがあります。


また、下記は「生前に使っておくべきお金」とは少し意味が違いますが、

相続でもめる可能性がある場合、特定の相続人に生前贈与し、

その代わりに「遺留分※の生前放棄」をしてもらうこともあり得ます。


※ 「財産の全てを愛人に」という旨の遺言があったとしても、

  相続人に保障された一定の財産を相続する権利。


ただし、遺留分の生前放棄が家庭裁判所で認められるためには、

〇 本人の自由意思に基づくものであること

○ 放棄した理由の合理性、必要性

○ 代償性(放棄と引換えに贈与された財産があるか等)

が求められるとされています。


いかがでしょうか?


多くの方々を拝見していて思うことは

「年を取ると、お金を使えなくなる傾向がある」ということです。


もちろん、そのお気持ちは分かりますが、今日の内容を実行して頂ければ、

相続財産が減り、相続税の節税対策になることも事実です。


また、節税を度外視したとしても、もめ事を回避することができます。


私自身、母親に「必要なお金」は使っておくように促しており、

「医者の不養生」にならないように心掛けています。


皆さんがどういう状況かは分かりませんが、

今日の内容をしっかり覚えておいて頂ければと思います。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)

今朝は午前3時に起きてしまいました・・・。


時間があったので、9~11月の講師として登壇する数を数えてみました。


実に、33回・・・。


2日に1回くらいは日本全国のどこかで講師をしている計算ですね。


来年はもっと計画的にやらないといけないと反省しました(笑)。 

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: