※ 本ブログ記事は過去(2019年6月20日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


当社のホームページをリニューアルしましたので、

是非、ご覧ください。

https://www.j-central.jp/


また、採用情報は下記ですので、

皆さんが会計事務所で働きたいと思われるならば、

是非、ご応募ください。 


ネットからの応募も「即」できるようになっています。

https://www.j-central.jp/recruit/


では、今日は「相続税に関する重加算税が取り消された事例」を

解説します。


毎年、国税庁から相続税の税務調査の結果が公表されます。


これを見ると、申告されなかった財産は

「現金・預貯金等」が毎年の第1位となっています。


だから、相続税の税務調査におけるメインテーマは

「申告すべきであった財産が漏れていないか?」

ということになります。


だから、相続開始前後の貸金庫への入退室の状況、

金融機関における防犯カメラの映像なども

チェックされることがあります。


もちろん、申告すべき財産が漏れていたとしても、

それが意図的に隠したものでないならば、

重加算税はかかりません。


しかし、そうではないにも関わらず、

重加算税が賦課され、それが取り消された事例が

平成30年10月2日の裁決です。


まずは、時系列でこの事例の流れを見ていきましょう。


〇 平成27年2月〇日:被相続人死亡

→ 被相続人には農協に共済契約、普通貯金、定期貯金、出資金あり


〇 平成27年6月6日:共済契約の1つが満期を迎えた


〇 平成27年8月14日:共済の「解約返戻金相当額等証明書」を取得


〇 平成27年8月17日:満期共済金100万円と割戻金が入金


〇 平成27年8月17日:共済契約者、被共済者を相続人名義に変更


〇 平成27年8月21日:貯金を解約し、相続人名義の口座に入金


〇 平成27年8月21日:被相続人の貯金の残高証明書を入手


〇 平成28年6月21日:出資金が相続人名義の口座に払い戻された


〇 平成29年7月から同年10月:相続税の税務調査

→ 土地の評価誤り等が指摘された

→ 共済契約に係る権利、出資金の申告漏れも指摘された


この状況の下、国税は

〇「共済の『解約返戻金相当額等証明書』を取得する手続きを行い、

共済の名義変更なども行っている。

〇 共済、出資金のの存在を税理士に一切伝えず、

貯金の残高証明書のみを提示していた。

〇 重加算税を賦課する

という決定をしたのでした。


これに対し、国税不服審判所は次のとおり判断をしました。


〇 平成27年10月15日以降数回に渡り、税理士と面談したが、

農協の共済契約、出資金も相続財産である具体的な説明をされなかった。


〇 相続人は「解約返戻金相当額等証明書」の取得、

名義変更の手続きを行っているから、共済契約には財産的価値があり、

これを相続により承継したという認識があったことが認められる。


〇 ただし、これらの手続きは契約者が死亡した場合において、

相続人が一般的に行う手続と同じである。


〇 請求人がこれらの手続を行ったからといって、

それだけで直ちに相続人に過少申告の意図があったとは言えない。

〇 税理士も具体的に説明しなかったのであるから、

相続人に過少申告の意図があったとは言えない。


〇 満期共済金の入金も国税が発見しにくい口座にされていない。


〇 出資金に関しても、共済契約と同様のことが言える。


〇 重加算税を賦課したことは違法であるから、取り消す。


いかがでしょうか?


詳細な状況が分からないので、確定的には言えませんが、

土地の評価誤りもあり、基本的な財産の説明もしていないことから、

相続にあまり詳しくない税理士が申告を担当した可能性もあります。


こう言ってはなんですが、

毎年の被相続人の数、税理士の総数を比較すれば、

相続税に詳しくない税理士が多数いるのも仕方がない事実です。


数的にそこまで経験値を上げられない状況な訳です。


個人的な感覚ですが、

相続税に「本当の意味で」詳しい税理士は

全体の1割くらいではないか?とも思います。 


しかし、医者のように「〇〇科」と書いてある訳でもなく、

一般の方から見れば、そんなことはわかりません


もっとも、医者の場合でも「〇〇科」と書いてあるから、

名医という訳でもありませんが。


いずれにせよ、皆さんが相続税の相談をしたり、

申告の依頼をする場合は「相続税に本当に詳しい」税理士に

依頼しないと、後で大変なことになるのです。


今回、取り上げた事例と同じような状況は

他にも多数存在するでしょう。


しかし、その大半は争われなければ、

その「間違った課税という事実」は

闇から闇に葬り去られてしまうのです。


皆さんはそうならないように、

最低でもセカンドオピニオンを聞くべきなのです。


また、これは相続税に限った話ではありませんが、

重加算税について「のみ」争うことも可能です。


是非、覚えておいてください。


なお、皆さんが「本当に相続に詳しい税理士」をお探しならば、

下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


2泊3日の福岡出張が終わりましたが、飲みました(笑)。


福岡は食べ物も美味しいし、大好きな街ですね。


魚も美味しいですが、もつ鍋も大好きです。


今回は寿司、和食を堪能しました~!


おかげ様で、少し太りましたので(笑)、

健康診断に向けて、体重を落とす期間に入ります(笑)。


炭水化物を減らす、腹八分目で我慢する、間食をしない。


これだけで体重は落ちていくので、頑張ります!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: