カテゴリ「名義預金」の記事一覧

その贈与は成立しているのか?

相続税のご相談をお受けしていると、〇本人は贈与した「つもり」〇法的には贈与が成り立っていないということは「多々」あります。「税務署は家族名義の預金まで調べるのですか?」と質問されることがありますが、家族名義の預金は最も重点的に調べられるポイントの1つです。なぜならば、実態は被相続人の財産が「相続人名義」になっていることが「多々」あるからです。

その預金は被相続人の相続財産?、相続人の財産?

一般の方は相続税の税務調査があれば、「被相続人の相続財産を中心にチェックされる」と思っていらっしゃるかもしれません。しかし、そうではありません。本来は被相続人名義であるべき相続財産が相続人名義になっていることも多い訳です。そのため、相続税の税務調査があれば、相続人名義の財産も「かなり」重点的に調べられます。