※ 本ブログ記事は過去(2019年8月1日)に配信したメルマガを掲載したものです。

------------------------------------------------------------------------------
日本中央税理士法人の「採用情報」

皆さん、私と一緒に働きませんか?

「勤務時間」、「研修制度」に当社独自の特徴があります(詳細は下記)。  

https://www.j-central.jp/recruit/
------------------------------------------------------------------------------


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


6月に生保業界では超引っ張りだこの講師、松木祐司さんに

「生保営業支援塾」で講師をして頂いたDVDができあがりました。


3分のダイジェスト動画も是非、ご覧ください。


※ 単発のご購入も、ご入会後の会員価格でのご購入も可能です。


------------------------------------------------------------------------------
「ガン保険を前提にして、

生保営業パーソンが知っておくべき知識」

http://www.seiho-juku.com/dvd/049/
------------------------------------------------------------------------------


では、今日は

「遺留分の侵害と資産の引渡しの注意点」を解説します。


相続関係に関する民法が改正され、

施行日は下記となっています(参考:法務省ホームページ)。


〇 2019年1月13日:自筆証書遺言の方式の緩和


〇 2019年7月1日:原則的な施行日

・ 遺産分割前の預貯金の払戻し

・ 遺留分制度の見直し

・ 相続の効力等に関する見直し

・ その他


〇 2020年4月1日:配偶者居住権、配偶者短期居住権の新設等


この中から制度がスタートしたばかりの遺留分について、

解説しましょう。


改正民法では、遺留分の侵害があった場合、

「金銭の支払を請求することができる」とされ、

遺留分の侵害額の請求に関する権利は

「金銭債権」となりました。


------------------------------------------------------------------------------
※ 読み飛ばして頂いてもOKです。


民法第1046条(遺留分侵害額の請求)


遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により

財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。

以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する

【金銭の支払】を請求することができる。
------------------------------------------------------------------------------


ただし、この金銭をすぐに用意できない場合もあるため、

この支払いの全部または一部につき、

裁判所に一定の支払期限の請求をすることもできます。


もちろん、金銭の支払いに代えて、

不動産などの資産を引き渡すこともできます。


ただし、この場合は「代物弁済」ということになり、

不動産を売却したことと同じになります。


そして、これに関する譲渡益が発生する場合、

所得税と住民税がかかることになります。


これに関する改正通達が令和元年6月28日付けで発遣され、

7月5日に国税庁のホームページに掲載されました。


これに関するポイントは次の2つです。


(1)不動産譲渡に伴う収入金額とは?


消滅した債務の額が譲渡による収入金額となります。


たとえば、遺留分侵害の請求額が1億円であり、

これを不動産で弁済した場合には、

1億円で不動産を売却したことと同じになる訳です。


根拠:「新」所得税基本通達33-1の6(原文は後記)


(2)不動産の引渡しを受けた人が不動産を売却した場合の取扱い


遺留分の侵害額(債権額)が不動産を購入した金額となり、

これよりも高く売却でき、

諸費用などを除いても譲渡益があれば、

所得税、住民税がかかることになります。


根拠:「新」所得税基本通達38-7の2(原文は後記)


------------------------------------------------------------------------------
※ 読み飛ばして頂いてもOKです。


33-1の6(遺留分侵害額の請求に基づく金銭の支払に代えて行う

資産の支店)


民法第1046条第1項《遺留分侵害額の請求》の規定による

遺留分侵害額に相当する金銭の支払請求があった場合において、

金銭の支払に代えて、その債務の全部又は一部の履行として

資産(当該遺留分侵害額に相当する金銭の支払請求の基因となった

遺贈又は贈与により取得したものを含む。)の移転があったときは、

その履行をした者は、原則として、その履行があった時において

その履行により消滅した債務の額に相当する価額により

当該資産を譲渡したこととなる。


(注)当該遺留分侵害額に相当する金銭の支払請求をした者が

取得した資産の取得費については、38-7の2参照


38-7の2(遺留分侵害額の請求に基づく金銭の支払に代えて

移転を受けた資産の取得費)


民法第1046条第1項の規定による遺留分侵害額に相当する金銭の

支払請求があった場合において、金銭の支払に代えて、

その債務の全部又は一部の履行として資産の移転があったときは、

その履行を受けた者は、原則として、その履行があった時において

その履行により消滅した債権の額に相当する価額により

当該資産を取得したこととなる。
------------------------------------------------------------------------------


始まったばかりの改正民法、税法に基づく取扱いですが、

非常に重要なので、必ず覚えておいてください。


ただし、

〇 不動産はあるけれど、渡したくない不動産である

〇 金銭で支払うとしても、お金がない

→ 一定期限の猶予を裁判所に請求はできますが、

  お金がないことに変わりはありません。

ということも起こってくるでしょう。


そうなってくると、重要な意味を持ってくるのが、

生命保険金です。


定期保険、第三分野保険の改正があり、

法人への生命保険営業が従来よりも逆風となりました。


そこで、相続マーケットに営業をシフトしている方もいます。


もし、皆さんが生保営業の方ならば、

是非、この情報をお客様に提供してください。


なお、「民法改正(相続関係)と生命保険の提案」に関しては、

11月の「生保営業支援塾」で詳しく解説します(予定)。


なお、「生保営業支援塾」では、

生保営業の方が営業に使える各種情報(税務に限らず)を

提供しております。


皆さんが生保営業の方ならば、

是非、ご参加ください。


下記には過去のテーマ、各回の評点も掲載していますので、

是非、ご覧ください。


------------------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」

http://www.seiho-juku.com/
------------------------------------------------------------------------------


皆さんが

〇 相続のことでご相談がある場合

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


シンガポール(家族旅行)から早朝に帰国し、

その日は仕事に行き、そのまま、新潟へ出張しました。


翌日はMDRT信越ブロックでの講演でした。


時差もないし、疲れている感覚はありませんでしたが、

やはり体は正直です。


その翌日、翌々日は起きたら、朝6時でした。


朝6時に目が覚めることは

かなり深酒をしたときくらいなので、

疲れているんだな~と感じました。


あ、新潟に行くと、必ず、へぎそば、タレカツ丼を食べます。


どちらも美味しいですよね~!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: