※本ブログ記事は2017年2月7日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


-------------------◆告知情報(不動産オーナー向け)◆-----------------

2/6(月)~10(金)の「5日間限定販売」。


「不動産オーナーのための確定申告セミナーDVD」

~経費になる?ならない?の注意点~


※ 提案型税理士塾の会員さんには2/1に資料を配布済みですので、

  ご購入されないよう、お願いします。


http://www.success-idea.com/170117/
----------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーでは

「第一次相続の遺産分割にご注意」を解説します。


以前、ある税理士から下記の相談を受けました。


〇 前提条件

・ 登場人物:父、母、子(長男、次男)

・ 第一次相続時(父他界時)の遺産分割は下記

→ A土地:1/2は母、1/2は次男

→ B土地:母(その後、B土地の上に次男が自宅を建築)


・ 母に相続が発生(第二次相続)

・ 遺産:A土地(持分1/2)、B土地

→ 第一次相続時に母が相続したもの

・ 相続人:長男と次男の2人


〇 質問

・ 第二次相続の結果、最終的にA土地を長男、B土地を次男が取得したい。

・ 下記スキームは税務上OKか?

1、母の土地全て(A土地(母持分1/2)、B土地)を長男が相続

2、相続登記終了後、A土地(次男持分1/2)とB土地(長男所有)を交換

3、結果、A土地は長男所有、B土地は次男所有となる。


結論からいうと、この方法は税務上、問題のある方法です。


なぜならば、この土地の交換には課税がされるからです。


土地の交換をする場合、一定の要件の下、所得税と住民税は課されません。


この一定の要件の1つに

「交換で渡した土地は交換するために取得したら駄目」

という要件があります。


だから、交換を前提に取得した土地を渡した場合は、

所得税と住民税が課税されてしまうのです(売却した状況と同じ)。


そして、この取得には購入だけでなく、遺産分割による取得も

含まれるのです。


実際、藤田良一先生(元国税庁資産税課課長補佐等を歴任)が書かれた

「土地建物等の交換・買換えの税務」という書籍にも下記とあります。


---------------------------------------------------------------------
相手方の有する固定資産が交換のために取得したものであるかどうかの

判定においては、その固定資産の取得原因は問いませんから、相続により

取得した資産であっても、その資産に係る遺産分割がその遺産分割後の

交換を目的として行われたと認められる場合には、その資産は交換の

ために取得した資産と判定されます。
---------------------------------------------------------------------


遺産分割であっても、交換を前提とした取得は駄目なのです。


もちろん、交換を前提とした取得かどうかは事実関係次第であり、

将来的に交換した場合は、課税される可能性は下がるでしょう。


もちろん、年数が経ったからと言って、

税務調査で「交換を前提とした取得」と認定されれば、アウトです。


この事例から言えることは「将来の用途を考えて遺産分割する」ことの

重要性です。


もちろん、第一次相続の後、状況が変わることもあるでしょう。


ただし、色々な可能性を想定して、第一次相続での遺産分割をしないと、

第二次相続の遺産分割で苦しむことになるのです。


ちなみに、このご質問は以前に「税務相互相談会」の中で

ある税理士の方が投稿し、私が回答したものです。 


税務の業務をしていると、「日々の疑問」は必ず発生します。


特に、これからの時期は確定申告の時期になるので、

これが増える時期でもあります。


そんな時、「日本全国800名以上」の税理士の方にご活用頂いている

「税務相互相談会」というメーリングリストをご活用ください。


ただし、メーリングリストというと、

「質問したのに、誰も回答しない」というケースも多いかと思います。


しかし、「税務相互相談会」は互助会的なメーリングリストという

環境を提供しているのではありません。


私、または、共同代表の青木が必ず回答していますので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「誰も回答してくれない」ということは過去に1度もありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは「過去5年間」の実績から言えることです。


また、ご質問の回数制限はありません。


さらに、メーリングリストの登録日から30日以内に退会された場合は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
理由の如何を問わず、入会金及び月会費の全額が返金されます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さんが税理士ならば、これからの繁忙期に備えるために、

是非、「税務相互相談会」をご利用ください。


「税務相互相談会」

※ 日本全国800名以上の税理士の方にご登録頂いているので、

  他人の経験も自分の経験として学ぶことができます。

http://www.sougo-soudan.com/

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


今日は札幌でセミナーなのですが、雪による遅延等を考え、

前泊しました。


ただ、着いてみると、意外に雪が少なかったですね!


先々週の雪はすごかったのですが、かなり様子が変わっています。


まあ、いずれにせよ、雪が少ないので、歩きやすくていいですね!


あ、今日は人生初の雪まつりを見に行ってきます(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: