※ 本ブログ記事は過去(2018年8月27日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝5時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡にて、

セミナー開催を開催致します。

平成30年度の税制改正も踏まえた「今年の節税のやり方」

~改正以外の「節税の盲点」も解説!!~


「今年の」と表記していますが、平成30年度の税制改正は

1年限りではありませんので、来年以降も適用があるものを

解説します。


http://www.success-idea.com/201809/


では、今日は皆さんに

「相続分の譲渡をご存知ですか?」を解説します。


皆さんは「相続分の譲渡」という制度をご存知ですか?


これは文字通り、

〇 相続人が自分の法定相続分を譲渡する

〇 譲渡する先は他の相続人でも、第三者でもOK

〇 有償でも無償でもOK

という制度です。


だから、自分の法定相続分は売ることができるのです。


たとえば、下記の事例で考えてみましょう。


〇 父(被相続人)の遺産:10億円(債務なし)


〇 相続人:母、子供(長男、次男)

→ 法定相続分で計算すれば、下記となる

→ 母:5億円、長男:2.5億円、次男:2.5億円


〇 父の相続に関する遺産分割がもめた


〇 次男はもめるのが嫌で、この遺産分割からの離脱をしたい


〇 次男は自分の法定相続分を2億円で母に売却した


この場合の相続税の課税価格は下記となります。


〇 母

・ 10億円×1/2(自分の法定相続分)=5億円

・ 10億円×1/4(次男の法定相続分)=2.5億円

・ 次男に払った2億円

・ 5億円+2.5億円-2億円=5.5億円


〇 長男

・ 10億円×1/4(長男の法定相続分)=2.5億円


〇 次男

・ 2億円(母に売却した金額)


この状態になれば、次男は遺産分割に参加する必要がないため、

遺産分割でもめる現場から解放されることになります。


もし、皆さんが遺産分割でもめる状況になれば、

〇 相続に全く関係のない子供の頃の話なども出て、喧嘩になる

〇 この話を早く終わらせたい

〇 お金で早々に解決できるなら、そうしたい

ということもあり得ます。


このような場合に活用できるのが、

「相続分の譲渡」なのです。


ただし、注意点があります。


相続分の譲渡は相続の放棄とは違い、

譲渡したとしても、被相続人の債務の負担を

債権者から求められる「可能性」があることです。


相続の放棄は「初めから相続人ではなかった」となる制度です。


だから、被相続人にどれだけ多額の債務があろうが、

「相続人ではない人」には関係ない話です。


しかし、相続分の譲渡はそうではないので、

遺産分割の結果、債務を承継した相続人が債務の返済を

できなくなった場合、この返済を求められる可能性があるのです。


この点は覚えておいてください。


それから、私が過去にコンサルした事例につき、

前提条件を少し変えてご紹介します。


〇 被相続人:父


〇 相続人:母(75歳)、子供(長男50歳、次男45歳)


〇 遺産分割でもめた


この状況の中、長男から相談があったのですが、

長男の意向は次のとおりでした。


〇 もめた遺産分割から早く離脱したい


〇 自分の権利分はお金で欲しい


〇 このお金で自分の相続対策をしたい


そこで、私は下記の提案をし、実行することになったのでした。


〇 母に長男の相続分を買ってもらう

→ 母には母の実家からの相続でもらったお金あり


〇 母への売却資金で、長男を被保険者とする生命保険に加入

→ 一時払いの終身保険、3億円


長男は50歳であったことその他の理由により、

「自分の相続対策を『できるだけ早めに』進めたい」

という思いがありました。


そこで、私は上記の提案をしたのでした。


このように、相続対策にはスピードが求められることがあります。


時間が経った結果、できなくなることもあります。


もし、皆さんが遺産分割でもめるなど、

相続対策で困ったことがあったならば、

この「相続分の譲渡」という制度も検討してみてください。


もちろん、遺産分割でもめていなくても、

この制度を利用することは可能です。


時には有効な制度であるにも関わらず、

一般の方には知られていないことも多い制度です。


是非、皆さんは覚えておいてください。


追伸


皆さんが生保営業パーソンならば、

相続分の譲渡を活用することにより、

ビジネスが加速するケースがあります。


もめている遺産分割に長く関わっていても、

皆さんの報酬にはなかなかならないからです。


しかし、皆さんが子供である相続人から相談を

受けているような場合は、相続分の譲渡をすることにより、

子供自身の相続対策を「即」行なうことができるのです。


これができれば、遺産分割でもめているかどうかは全く関係なく、

生命保険を使った「次の相続対策」が進められるのです。


このような

〇 生保ビジネスを加速させるための提案方法

〇 生命保険営業の方が知っておくべき知識、活用法

〇 お客様に提供すると喜ばれる情報

を解説しているのが「生保営業支援塾」です。


もちろん、相続のことだけでなく、

法人のことも解説しています。 


皆さんが生保営業パーソンならば、

是非、ご加入頂ければと思います。

---------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」


※ セミナー会員、DVD会員の2種類があります。


※ 生保営業パーソン、生保会社の方はどちらでもご選択頂けます。


※ 税理士はセミナー会員にはなれませんが、DVD会員にはなれます。


http://www.seiho-juku.com/
---------------------------------------------------------------------

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


夏休みのハワイ滞在、猛暑の影響で、日焼けしてしまいました。


日焼けすると、ヒゲ脱毛の施術の際に痛いんですよね・・・。


脱毛レーザーは黒い色に反応するため、

皮膚にかかる負担も大きくなり、

強さも下げなければならないかもしれません。


口の周りのヒゲがまだ少し残っているので、

ここも早くツルツルにしたいです(笑)。


私が行っているクリニックでは白髪のヒゲは脱毛できないので、

白髪になってしまった20本程度は抜き続けるしかありません(笑)。


最近、よく抜ける毛抜きを見つけたので、気分上々です(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: