※ 本ブログ記事は過去(2018年1月18日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


さて、間もなく確定申告の時期になりますので、

先日の提案型税理士塾では「確定申告における誤りやすい事例集」

というテーマで研修を行いました。


確定申告は年に1回しか行なわないため、

どうしても「盲点となる項目」が多いものとなります。


そういう「盲点」を集めたので、

アンケート評点も5段階で【4.7】という結果になりました。


75%の方が「5」を付けてくださいました。


皆さんが税理士ならば、

是非、下記DVDで確定申告前の知識の整理をしておいてください。


間違えると怖い項目を中心に解説をしています。


なお、実際のご参加者のアンケートは下記URLに記載していますので、

併せてご覧下さい。


---------------------------------------------------------------------
「確定申告における誤りやすい事例集」


※ 提案型税理士塾の会員さんはご購入頂く必要はございません。


※ 単発購入も可能ですが、

  会員になって頂くと会員価格での購入が可能となります。


http://www.teian-juku.com/dvd/021/
---------------------------------------------------------------------


では、今日は皆さんに

「確定申告において誤りやすい項目」を解説します。


下記内容は上記DVDには収録時間の関係上、入っていないのですが、

質疑応答の際に解説した項目を中心にお伝えします。


確定申告なので、個人(所得税)という前提です。


(1)倒産防止共済(経営セーフティ共済)の掛金を支払っている場合


掛金を必要経費に算入するためには「中小企業倒産防止共済掛金の

必要経費算入に関する明細書」を添付することが「要件」です。


これが添付されていないと、実際に掛金を支払ったとしても、

必要経費に算入できないので、注意が必要です。


(2)事業用車両を売却し、売却損が出た場合


事業用の車両として貸借対照表に計上していた物であっても、

この売却損は必要経費に算入することはできません。


事業用の車両であっても、売却した場合には譲渡所得になります。


ただし、

〇 使用可能期間が1年未満の減価償却資産

〇 取得価額が10万円未満である減価償却資産(業務の性質上、

  基本的に重要なものを除く)

〇 取得価額が20万円未満である減価償却資産で、

  一括償却資産として処理したもの(業務の性質上基本的に

  重要なものを除く)

を譲渡した場合の所得は譲渡所得ではなく、

事業所得または雑所得になります。


なお、「業務の性質上基本的に重要なもの」とは

製品の製造、農産物の生産、商品の販売、役務の提供等

その者の目的とする業務の遂行上、直接に必要な減価償却資産で

その業務の遂行上、欠くことのできないもの」と定義されています。


(3)事業用不動産を相続した場合の固定資産税


固定資産税は1月1日時点の所有者に課せられるものですが、

以下の違いにより、必要経費算入の状況が変わります。


〇 相続開始「前」に納税通知があった場合

  全額、納期到来分、納付済み分のいずれかを

  被相続人の必要経費として算入します。


〇 相続開始「後」に納税通知があった場合

  被相続人の必要経費に算入することはできず、

  事業を引き継いた相続人の必要経費に算入します。


(4)がん保険の給付金


「がんと宣告されたこと」を「保険事故」として支給される保険金は

支払った医療費から控除する必要はありません。


宣告後に治療が始まり、医療費の支払いが発生しますが、

医療費控除の計算上、ここから控除しないようにしてください。


(5)満期保険金が支払われた場合の課税関係


「保険契約者=保険料の負担者」となっていないケースは

世の中に「星の数」ほどあります。


税務では保険料負担者が誰であるかにより、

相続税、贈与税、所得税(一時所得)という課税関係が変わります。


よくあるのが、

〇 契約者:妻

〇 保険料負担者:夫

というケースです。


これは保険料の引落口座を夫の口座にしているというケースです。


この場合、特殊な事実関係が無い限り、

保険料負担者は「夫」ということになり、

満期保険金には「贈与税」がかかります。


当然、贈与税ですから、

支払った保険料を控除して贈与税を計算する訳でもありません。


ここは生命保険の営業パーソンのミスリードであることも多いのですが、

本人は「所得税(一時所得)のつもりだった・・・」

というケースも多いので、ご注意ください。


以上、5項目だけを挙げましたが、

このような「誤りやすい項目」を集めたのが、下記DVDです。


是非、確定申告前に知識の整理をしておいて頂ければと思います。


---------------------------------------------------------------------
「確定申告における誤りやすい事例集」(評点:4.70)


※ 提案型税理士塾の会員さんはご購入頂く必要はございません。


※ 単発購入も可能ですが、

  会員になって頂くと会員価格での購入が可能となります。


http://www.teian-juku.com/dvd/021/
---------------------------------------------------------------------

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


寒いので、イヤーモフ(耳当ての防寒具)を買いました。


これとマスク、マフラーをしていれば、

寒い冬の早朝でもかなーり違いますね!


耳が温かいだけで、こんなに違うとは・・・。


もっと早く買えば良かったです(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: