※本ブログ記事は2016年2月23日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
■ セミナーのお知らせ(その1)


「生保営業支援塾(平成27年開催分のダイジェスト版セミナー)」


※ 3/7(月)金沢

※ 3/8(火)仙台

※ 講師:見田村元宣(税理士)


http://www.seiho-juku.com/seminar/
---------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
■ セミナーのお知らせ(その2)


50以上の事例を徹底検証!!!

「分掌変更による役員退職給与の具体的事例」


※ 4/1(月)~18(金)に開催

※ 会場:札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島

※ 対象者は税理士事務所の所長、税理士法人の代表社員のみ


http://www.success-idea.com/teian/
---------------------------------------------------------------------


では、1分セミナーにいきましょう。


今回は「翌期の家賃を今期の経費にする節税対策のポイント」

を解説します。

日本企業の5社に1社は3月決算なので、その前後が決算月の会社も

含めると、相当数の会社が決算前という状況になっています。


だから、黒字の会社はどのような節税対策をしようかと

検討している時期です。


そんな中、「家賃などの翌期の費用を今期の費用に計上する節税対策」を

検討する場合もありますが、そのポイントをまとめてみたいと思います。


〇 契約に従い、継続的に提供を受ける役務の提供※の対価として

  支払ったものであること(※役務の提供とは、サービスの提供のこと)

・ 家賃、商標権などの使用料など

・ 等質等量の役務の提供であることが必要

・ 税理士等の顧問料、記帳代行料は毎月の内容が変わるため、

  等質等量にならず、適用できない。

・ 税理士の顧問料に関しては、実際の否認事例もある。


〇 サービスの提供が前提なので、物の購入には適用できない。

・ 毎月、同じ量の物を購入していたとしても適用できない。。


〇 実際に期末までに支払うことが必要

・ 期末までに実際に支払うことが要件なので、未払いでは駄目

・ 支払手形、小切手を期末までに振り出してあれば、OK


〇 売上や利益などに対し、金額が多額だと否認

・ 東京地裁(平成17年1月13日)では、「販管費×約5%」の費用

  を前払いしたが、否認された。

・ 前払いした額は約2億1,000万円、当期利益は約2,700万円

・ 金額も大きく、当期利益の10倍近くなので納税者敗訴


〇 一定のサイクルで反復継続的に支出することは絶対条件ではない。

・ 何らかの事情によって支払いのサイクルが一定でなかったとしても、

  これを理由に否認されることはない。

・ 実際に税務調査で否認の指摘を受けた事例もあるが、

  税務調査官の主張は「根拠は無いが、駄目」というものであり、

  否認を回避できている。


〇 収益と費用が直接に関係する場合の費用には適用できない。

・ 社宅、関係会社等に転貸している場合の家賃には適用できない。

・ これらの支払家賃は受取家賃と直接の関係がある。


〇 工場の家賃などの製造原価にも適用できる。

・ 製造原価は売上(収益)と関係するが、適用できる(詳細は割愛)。

・ 当期の総製造費用に含め、製造原価と期末製品棚卸高に配賦する。

・ 都内の大手会計事務所で修正申告した事例があるが、それは間違い。


いかがでしょうか?


翌期の家賃などを今期中に支払う節税対策は非常によく行なわれています。


しかし、当社ではこの節税対策は「【全社的に】顧問先に説明はしても

提案はするな!」と統一してあります。


つまり、「こんな節税は顧問先にやらせるな!」ということです。


なぜなら、「顧問先をリスクにさらすことになるから」です。


長くなるので、詳細は別の機会に解説しますが、

このような節税や税務調査の重要ポイントを多角的に解説しているのが

「月刊節税と税務調査」です。


講師は見田村と元国税調査官の久保憂希也です。


メルマガだけでは解説しきれない、できないポイントを解説し、

毎月、皆さんのお手元に「DVD、CD、冊子」の3点を

お届けするサービスです。


節税であれ、税務調査であれ、知っているか知らないか「だけ」で

天国と地獄が分かれるケースも多々あります。


こういっては何ですが、顧問税理士、担当者の説明や提案が

不十分であるケースは「本当に多い」ので、是非、この商品で学んで頂き、

皆さんの会社を守る「知識、知恵」を身に付けて頂ければと思います。 


---------------------------------------------------------------------
「月刊節税と税務調査」

http://inspireconsulting.co.jp/setsuzei_nc/
---------------------------------------------------------------------



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


昨日は3年ぶりくらいに数人の友人と京都で会いました。


いや~、笑った笑った!!!


全員が社長でもあり、知り合ったのは10年程前です。


全員がネット関連ということもあり、当時の知人や友人の中には、

ビジネスの世界から退場した人も少なくありません。


そういう中、10年間生き残り、そして、今も頑張っている人達には

共通点があります。


それは才能ではなく、「仕事と向き合う気持ち」である気がします。


つまり、自分との戦いですね!


さあ、また今日から私も頑張ります! 

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: