※ 本ブログ記事は過去(2020年2月4日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます! 朝4時起きの税理士 見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/



では、今日は

「全ての人が確定申告で注意すべき点」

を解説します。


確定申告の時期となりましたので、

これをテーマにしたいと思います。


皆さんはふるさと納税をされていますか?


ふるさと納税をした場合、 

お礼の品をもらうことがあります。


この「お礼の品」ですが、一時所得の対象になります。


ただし、通常は一時所得の特別控除50万円の範囲内なので、

問題になることは少ないでしょう。


ただし、【どんな人でも】これが問題になるケースがあるのです。


1、他に一時所得がある場合


生命保険の満期保険金など、他に一時所得になるものがあり、

これが50万円を超えている場合があります。


この場合、ふるさと納税でもらったお礼の品の価額は

一時所得として課税対象になります。


ちなみに、どんなものが一時所得の対象になるかというと、

生命保険の満期保険金以外でいえば、

たとえば、こんなものがあります。


〇 懸賞の賞金品、福引の当選金品等

→ クイズ番組に出て、賞金をもらった場合など


〇 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等

→ 営利を目的とする継続的行為から生じたものを除く。


〇 労働基準法第114条の規定により支払を受ける付加金

→ 例えば、サラリーマンが未払い残業代の訴訟の結果、

 プラスアルファで支払われるもの


〇 借家人がもらう立退料


〇 不動産売買契約が解除された場合、売主がもらう手付金


これらは一例ですが、

同族会社の役員とか、サラリーマンとか関係なく、

結構あるものです。


「これらの金額+ふるさと納税でもらったお礼の品の価額>50万円」 

ならば、一時所得の申告が必要になるので、注意が必要です。 


2、多額のふるさと納税をしている場合


実際に税務調査で指摘された実例もあるのですが、

高額所得者の場合、多額のふるさと納税をしている場合があります。


この場合、税務調査で一時所得の指摘を受ける可能性があります。


もちろん、お礼の品の価額が50万円を超えている前提です。


ただし、

「お礼の品の価額=ふるさと納税の額×30%」

ではありません。


お礼の品がいくらになるのかはケースバイケースです。


「お礼の品の価額+その他の一時所得の額>50万円」

となっていたら、申告しなければならないということです。


もちろん、お礼の品は価額がすぐにわかるもの※もあれば、

そうではないものもあります。


※ 金券やネット販売もされている物品など


もし、皆さんがこの指摘を税務調査で受けたら、

「お礼の品の価額」を国税に計算してもらえばいい訳です。


否認する場合の立証責任は国税にありますので。


この点も併せて覚えておいてください。


(注)

1にも2にも共通する話ですが、

お礼の品の価額を一時所得の計算上で加味するのは、

ふるさと納税をした時点ではなく、

お礼の品をもらった時点で加味することになります。


だから、令和元年の年末にふるさと納税をし、

令和2年にお礼の品をもらった場合は、

令和2年での収入ということになります。


追伸


皆さんが大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、

佐賀県みやき町にふるさと納税した場合は注意が必要です。


なぜばらば、

〇 1~5月にふるさと納税した額

〇 6~12月にふるさと納税した額

では取扱いが変わるからです。


「1~5月にふるさと納税した額」は

普通のふるさと納税として考えればいいです。


ただし、6~12月にふるさと納税した額は

〇 地方自治体に対する寄付金控除はOK

〇 ふるさと納税控除はNG

となります。


今年の確定申告ならではの論点ですが、

この点も覚えておいてください。


皆さんが

〇税務調査でお困りの場合

〇顧問税理士をお探しの場合

〇単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


お酒を飲まない日は午後9時に寝て、

朝4時に自然と目が覚め、

午前6時に会社に着きます。


この生活リズムが一番いいですね!


ただし、出張中はそうもいかず、

会食の機会も増えます。


太らないようにかなり努力もしています。


ちなみに、昨日は朝ご飯、ランチをがっちり食べてしまったので、

夜は野菜ジュースのみ。


私の体重調整の最強のパートナーは

カゴメの「つぶより野菜」です。


忙しいとき、または、体重調整したいときは、

1食分をこれ1~2本で終わらせます。


「見田村先生は太らなくていいですねー」

とよく言われますが、

その裏側にはたゆまぬ努力があるのです(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: