※ 本ブログ記事は過去(2018年7月26日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝5時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
---------------------------------------------------------------------


では、今日は皆さんに

「民法改正と生命保険金の関係」を解説します。


前回のメルマガでお伝えしたとおり、

相続関連の民法改正が2018年7月6日に成立し、

2020年4月までに随時、施行される予定です。


この中「遺留分に関する改正」の施行日は

2019年4月1日、または、7月1日の見込みとなっています。 


来年4月以降に起きる遺留分に関する争いは

改正後の考え方で判断される可能性があるのです。


前回もお伝えしたとおり、

改正後の遺留分侵害額の請求は「金銭債権」ですので、

「物」ではなく、「お金」で解説する問題となります。


そうなってくると、より重要性を増すのが生命保険金の存在です。


生命保険金は

〇 受取人固有の権利

〇 被相続人の遺産ではない

という理由から、慰留分の対象にならないのが原則的な考え方です。


しかし、これはあくまでも原則的な考え方であって、

絶対にそうなる訳ではありません。


実際、最高裁(平成16年10月29日判決)では、

下記と判断されています。


〇 保険料は、被相続人が生前に保険会社に支払ったもの


〇 保険金受取人である相続人とその他の相続人との不公平が

  非常に著しいものである「特段の事情」がある場合は

  死亡保険金は遺留分の対象になる


〇 この「特段の事情」については下記などの総合判断

・ 保険金の額

・ 遺産の総額に対する比率

・ 同居の有無

・ 被相続人の介護等に対する貢献の度合い


たとえば、財産が預金1億円のみだった方が、

この預金「全額」を一時払いの終身保険に変えてしまったとしましょう。


この場合、特定の相続人を受取人にした場合、

本来は遺留分の対象にならない生命保険金が

遺留分の対象になる可能性が出てくるのです。


実際、この「特段の事情」が認められた事例があります。


〇 東京高裁(平成17年10月27日判決)

・ 保険金額が遺産総額に匹敵する巨額の利益であること(約1億円)

・ 扶養・介護をしていた明確な意図を認めることが難しい


〇 名古屋高裁(平成18年3月27日判決)

・ 相続人であり受取人である妻が取得する保険金が5,200万円で、

  遺産総額の61%を占める

・ 婚姻期間が3年5ヶ月と短い


このとおり、皆さんは

「生命保険金は遺留分の計算対象に含まれる可能性がある」

ということを知っておくべきなのです。


しかし、実際の生保営業の現場ベースでいうならば、

〇 受取人固有の権利であり、被相続人の遺産ではない

〇 慰留分の計算対象にはならない

という説明がされていることもあります。


しかし、それは原則であって、絶対ではなく、

実際に、計算対象に含まれてしまった実例があるのです。


いかがでしょうか?


このような

「生保営業パーソンにとって重要な相続に関する知識、盲点」

を解説したのが、下記DVDです。


どうぞ、ご覧下さい。


---------------------------------------------------------------------
「生保営業パーソンが知っておくべき相続税の知識、盲点」


※ アンケート評点は「4.78」です。

※ 単品購入も、ご入会後の会員価格でのご購入も可能です。

※ 「3分14秒のダイジェスト動画(字幕入り)」もあります。


http://www.seiho-juku.com/dvd/037/
---------------------------------------------------------------------

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


水曜日にこのメルマガを執筆しましたが、

なんとか今週のセミナー5本は乗り切れそうです・・・。


投影するスライドも月曜日には全て作り終えました。


いやー、7月は本当にきつかったです・・・。


気づけば、週2本のメルマガも何度かお休みしました(汗;;;。


セミナーが続くと、作りながら、話しながら、研究しながらは

本当に大変なんです・・・。


頑張りますけどね!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: