カテゴリ「重加算税」の記事一覧

従業員の不正により、青色申告の取消し、重加算税と処分された事例

春は税務調査が多い季節ですが、税務調査で発見されることが多い項目の1つに「従業員の不正」があります。もし、これが皆さんの会社の税務調査で発覚すれば、むしろ「税務調査で発覚して良かった!」ということになります。

従業員が不正により貯蔵品を売却した場合

税務調査により「従業員の不正」が発覚することは間々あります。この場合、国税は「従業員が得た収益は法人の収益」として、「法人の収益計上漏れ」という否認をすることがあります。このようなことが皆さんの会社で起きた場合、どのように判断すればいいのでしょうか?

名義預金と重加算税の関係

秋は相続税の税務調査が活発に行われる時期ですが、この中で絶対にチェックされる項目の1つに「名義預金」があります。実態は被相続人の財産であるにも関わらず、他の親族名義の預金になっているものです。これがあった場合、重加算税の対象になることもありますが、そのポイントは「隠ぺい」、「仮装」があったか否かです。

税務調査における推計課税の合理性

個人であれ、法人であれ、本来は保存しておくべき帳簿書類が保存してあるはずです。しかし、ずさんな管理の結果、「意図的に破棄しよう」という悪意が無く、これが保存されていないケースもあります。このような場合、様々な間接証拠から「推計課税」がされることになります。

相続税に関する重加算税が取り消された事例

毎年、国税庁から相続税の税務調査の結果が公表されます。これを見ると、申告されなかった財産は「現金・預貯金等」が毎年の第1位となっています。だから、相続税の税務調査におけるメインテーマは「申告すべきであった財産が漏れていないか?」ということになります。

現金売上の計上もれと重加算税

税務調査官の異動が間もなく行われる次期となり、春の税務調査も終わりました。皆さんの会社は大丈夫だったでしょうか?私は日本全国の経営者の方から「税務調査の後日談」をお聞きすることも多いのですが、間違った対応で終わっていることも少なくありません。