※本ブログ記事は2020年6月18日に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


私と共同代表の青木寿幸(税理士)が収録した下記動画を

【無料】で公開致します。


----------------------------------------------------------------------
「法人版の事業承継税制を使う時に提案すべき生命保険の種類とは?」

講師:青木寿幸(日本中央税理士法人 代表税理士)
----------------------------------------------------------------------


具体的な内容(一部)は下記のとおりです。


----------------------------------------------------------------------
〇 株式の【純資産価額を下げる】ために提案する生命保険の種類とは?

〇 法人版の事業承継税制の【出口のリスク】は、生命保険を使えばカバーできる

〇 株式が【親族に分散】しているときに提案する生命保険の種類とは?
----------------------------------------------------------------------


生保営業パーソンの方、保険会社の方はぜひ、ご覧ください。


http://www.seiho-juku.com/


では、今日は

「雇用調整助成金の収益計上時期はいつか?」

を解説します。


多くの会社が新型コロナウィルスの感染拡大防止から休業し、

従業員に休業手当※を支払っています。


「休業手当、休業補償の違い」

6月4日のメルマガで解説した通りです。


これに関してですが、

もし、皆さんの会社が雇用調整助成金の申請をした(する)ならば、

ご注意頂きたいことがあります。


それは

「雇用調整助成金の収益計上時期はいつか?」

という問題です。


法人税基本通達2-1-42に

「法令に基づき交付を受ける給付金等の帰属の時期」

という項目があります。


ここには

〇 雇用調整助成金(雇用保険法)

〇 職業転換給付金(労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定

及び職業生活の充実等に関する法律)

〇 障害者能力開発助成金(障害者の雇用の促進等に関する法律)

などに関する収益計上時期が書かれています。


これらの助成金等に関しては、

〇 休業、就業、職業訓練などの事実があった事業年度の収益となる

〇 具体的金額が確定していない場合、見積もり計算で計上する

となるのです。


雇用調整助成金に関していえば、

4月、5月を中心に休業した店舗や会社が多いでしょうから、

〇 4月に休業した分の休業手当に対する雇用調整助成金は4月の収益

〇 5月に休業した分の休業手当に対する雇用調整助成金は5月の収益

となるのです。


たとえば、皆さんの会社が5月決算だったとしましょう。


この場合、雇用調整助成金の申請は6月に行なったとしても、

これに対応する休業が4月、5月であれば、

4月、5月の収益として、見積もり計上【しなければならない】のです。


この場合、皆さんの会社が

〇 今期は黒字

〇 今期は赤字

のいずれであっても、同じことになります。


計上しなければ「ならない」収益の額は

その計上すべき事業年度に計上しなければ「ならない」のです。


なぜ、このような考え方になっているかというと、

休業手当と雇用調整助成金は紐つきの関係にあるので、

この対応関係は同じ事業年度に計上すべきということです。


そうしないと、

「休業」と「雇用調整助成金の申請」が事業年度をまたいだ場合、

〇 法人の経費である休業手当は先に計上

〇 法人の収益である雇用調整助成金は後から計上

となり、経費の計上が先行する不合理が出るからです。 


これに対し、

〇 高年齢雇用継続基本給付金(雇用保険法)

〇 高年齢再就職給付金(雇用保険法)

〇 障害者雇用調整金(障害者の雇用の促進等に関する法律)

のようなものは取扱いが変わります。


これらは「支給決定があった日の属する事業年度の収益」となります。


なぜならば、これらは経費との対応関係はなく、

一定の基準に基づいて支給される奨励金の性格のものだからです。


今日の内容は相当多くの税理士の盲点になっていると思われますので、

皆さんの会社が雇用調整助成金の申請をする(した)ならば、

ご注意頂ければと思います。


----------------------------------------------------------------------
※ 読み飛ばしていただいてもOKです。


法人税基本通達2-1-42(法令に基づき交付を受ける給付金等の帰属の時期)


法人の支出する休業手当、賃金、職業訓練費等の経費を補填するために

雇用保険法、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定

及び職業生活の充実等に関する法律、

障害者の雇用の促進等に関する法律等の法令の規定等に基づき

交付を受ける給付金等については、

その給付の原因となった休業、就業、職業訓練等の事実があった日の

属する事業年度終了の日において

その交付を受けるべき金額が具体的に確定していない場合であっても、

その金額を見積り、当該事業年度の益金の額に算入するものとする。


(注) 法人が定年の延長、

高齢者及び身体障害者の雇用等の雇用の改善を図ったこと等により

これらの法令の規定等に基づき交付を受ける奨励金等の額については、

その支給決定があった日の属する事業年度の益金の額に算入する。
----------------------------------------------------------------------


皆さんが

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


先日、久しぶりに羽田空港第1ターミナル(南ウィング)にある

「CUUD」というカレーうどんの「トマトカレーうどん」を

食べました。


これ、超絶品なんですよね-!


羽田空港の中って、超絶品なお店が他にもあるんです。


たとえば、同じく第1ターミナルの13番ゲート前にある

お蕎麦屋さん。


他にも超絶品というお店があるのかもしれませんが、

空港では時間も限られており、

動く一定の範囲内でのお店しか寄らないですね。


本当は色々と探索してみたいですね!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: