※本ブログ記事は2020年8月10日に配信したメルマガを掲載したものです。

皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。


YouTube「節税・税務調査チャンネル」を始めました!


といっても、軽いノリでやっている訳ではなく(笑)、

「リアルなセミナーと同じレベルの内容」を

ホワイトボードを使って、がっちり解説しています。


長さは回によって違いますが、5~15分程度です。


皆さんも是非、チャンネル登録をして頂ければと思います。


「毎週土曜日」の「午前10時」に新情報を公開していきます。


----------------------------------------------------------------------
「節税・税務調査チャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCvWXoAoHzh4joJgwys6eykQ/
----------------------------------------------------------------------


それから、告知です。


9月、10月にコロナシフトの席配置※で、

下記セミナーを行います。


※ 参加人数次第ですが、広めの会場を予約しています。


札幌、仙台、大宮、千葉、東京、横浜、静岡、

名古屋、大阪、三宮、広島、福岡で開催します。


「会計事務所のマネジメント「マル秘」ノウハウ公開セミナー」


内容の一部は下記の通りです。

〇 「顧問契約書」にどのように記載すれば、リスク排除と収益性確保ができるのか?

〇 ペーパーレス化、テレワークはどのように進めるのか?

〇 職員が退職。引継ぎ時に使用している文書とは?

〇 非効率な割には収益が上がらない年末調整の効率を上げるヒアリングシート

〇 税務リスクのある事案に対し、どのような文書を使えば、税賠を回避できるのか?


私がやってきたこと、やっていることを

「実例」を使いながら、「具体的に」解説しますので、

ぜひ、ご参加くださいね!


----------------------------------------------------------------------
「会計事務所のマネジメント「マル秘」ノウハウ公開セミナー」

http://teian-juku.com/seminar/
----------------------------------------------------------------------


では、今日は

「業績不振により、役員報酬の一部が未払いになる場合の注意点」

を解説します。


8月6日のメルマガで「役員報酬の期中増額が問題になった事例」を

解説しました。


今日はこれに関連する逆の話をします。


コロナの影響から業績が落ち込み、

本来の役員報酬の額を支払えないケースも出ています。


この場合、4月20日のメルマガ

役員報酬(定期同額給与)の業績悪化改定事由に該当するか?

でも解説したとおり、

「業績悪化改定事由」に該当すれば、税務上の問題はない訳です。


しかし、「業績悪化改定事由に該当するかどうかは微妙」

というケースも中にはあるでしょう。


この場合、役員報酬の一部を未払い計上し、

後でまとめて支払うということもあり得ます。


この場合はどうなるのでしょうか?


参考になる事例として、

国税不服審判所の裁決(平成元年6月7日)があります。


この事例では、

「役員報酬の一部を未払い計上して、

後でまとめて支払った額は役員賞与として損金不算入」

と判断されました。


もちろん、資金繰りなどの「特段の事情」から

一部の額の未払いが続いているならば、

役員賞与にはなりません。


この場合は上記の「業績悪化改定事由による減額」を

検討すべきですが、

「一部の額を未払いで進む」ということもあるでしょう。


このような「特段の事情」があるならば問題ありませんが、

そうではない場合は「未払額の一括支払い=役員賞与」となり、

損金不算入になってしまうのです。


もし、皆さんの会社において、

この辺りの判断が微妙な状況であれば、

決算月を変更しましょう。


役員報酬(定期同額給与)の通常の改定は

期首から3か月以内となります。


決算月を前倒して変更すれば、そこから期首が始まりますので、

役員報酬の改定につき、上記の問題は発生しなくなる訳です。


ただし、社長が重大な病気であったり、

余命宣告を受けている場合などは注意が必要です。


役員報酬を引き下げている期間中に他界すれば、

それが「形式上の最終報酬月額」となり、

「最終報酬月額×在任年数×功績倍率」で計算すると、

役員退職給与の額が低額になってしまうケースもあるからです。


この計算式は役員退職慰労金規程に記載されていることも多いでしょう。


ただし、役員退職慰労金規程にこの算式が記載されていたとしても、

会社法上も税務上も絶対に従わなければならない訳ではありません。


上記算式を無視し、

株主総会の決議で決議で決めることも可能です。


なお、最終報酬月額が「不相当に低額」である場合は

税務上は「最終報酬月額×在任年数×功績倍率」により

適正額が判断されることは原則としてありません。


この場合は「1年当たり平均額法」で判断されることになりますが、

この辺りの論点は下記の解説動画をご覧ください。


※ チャンネル登録をお願いします。

※ 毎週土曜日、午前10時に次の新情報を公開します。


----------------------------------------------------------------------
「節税・税務調査チャンネル」

https://www.youtube.com/watch?v=JLfeSDIIoT0&t=478s
----------------------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------------------
見田村自身が皆さんの会社の担当を致します。


もし、皆さんが

〇 定期または不定期で、見田村と面談したい

〇 面談方式はリアル面談※、または、ウェブ面談

※ 遠方の場合、定期または年1~数回の訪問(またはご来社)も可能

※ リアル面談とウェブ面談のミックスも可能

〇 現在の顧問税理士はそのままでも、変更でもOK

ということをご希望されるならば、

下記より、お問い合わせください。


顧問料は「月額5万円~」で、内容により変わって参ります。


電話:03-3539-3047


----------------------------------------------------------------------


皆さんが

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


今年は海外旅行に行けないので、

息子と2人で1泊2日の国内旅行に行く予定です。


男2人での旅行も楽しみです。


小田原のヒルトンに泊まり、

プール、ボーリングなどを楽しむ予定です。


前回、小田原ヒルトンのボーリング場では

3ゲーム投げて、アベレージ180くらい、

ターキー2回、フォース1回という結果でした。


今回も欲を出さず、楽しんできます!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: