※本ブログ記事は2020年6月17日に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


私と共同代表の青木寿幸(税理士)が収録した下記動画を

【無料】で公開致します。


----------------------------------------------------------------------
「法人版の事業承継税制を使う時に提案すべき生命保険の種類とは?」

講師:青木寿幸(日本中央税理士法人 代表税理士)
----------------------------------------------------------------------


具体的な内容(一部)は下記のとおりです。


----------------------------------------------------------------------
〇 株式の【純資産価額を下げる】ために提案する生命保険の種類とは?

〇 法人版の事業承継税制の【出口のリスク】は、生命保険を使えばカバーできる

〇 株式が【親族に分散】しているときに提案する生命保険の種類とは?
----------------------------------------------------------------------


生保営業パーソンの方、保険会社の方はぜひ、ご覧ください。


http://www.seiho-juku.com/


では、今日は

「定時株主総会が延期された場合の役員報酬(定期同額給与)の改定」

を解説します。


多くの中小企業において会社法の義務である決算公告もされておらず、

株主総会も本来の株主総会の形式ではなく、

必要な意思確認がされた上?での議事録が存在しているだけです。


もちろん、中小企業でも一定の規模になったりすると、

株主総会を本来の形式で行なっている会社もあります。

 
株主総会の議事録は税務調査においても重要な要素であり、

役員報酬の通常の改定(原則、期首から3か月以内)においても、

株主総会(定時または臨時)での決議が必要になる部分です。


しかし、新型コロナウィルスの影響から、定時株主総会が

〇 延期

〇 継続会方式で開催(2段階開催)

という状況になっているケースもあります。


では、この状況の下、皆さんの会社が

〇 定時株主総会で役員報酬の改定をしようと思っていた

〇 定時株主総会が延期になり、

改定のタイミングが期首から3か月を超えてしまう

という場合はどうしたらいいのでしょうか?


法人税法施行令69条には「特別の事情」がある場合は

「期首から3か月以内の改定でなくても問題ない」

という旨が記載されています。


そして、今回の新型コロナウィルスの影響により、

定時株主総会が延期などされた場合も

この「特別の事情」に該当する旨が

国税庁の資料に書かれているのです(6月12日発表)。


だから、皆さんの会社において、

〇 経理担当者が新型コロナウィルスに罹患し、決算が遅れた

〇 定時株主総会が本来の日時に開催できない

→ 定時株主総会が行なわれなければ決算が確定しないので、

  法人税の申告書の提出もできませ。

〇 期首から3か月以内の役員報酬(定期同額給与)の改定ができない

などの場合でも心配する必要はないのです。


なお、国税庁だけでなく、

経済産業省からもこのことに関する資料が発表されています。


「新型コロナウイルスの影響により株主総会の延期等を行う場合

の役員給与の損金算入について」


https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/sonkinsannyu.pdf


また、経済産業省から

「株主総会(オンラインでの開催等)、企業決算・監査等の対応」

という情報も発表されていますので、併せてお知らせしておきます。


https://www.meti.go.jp/covid-19/kabunushi_sokai.html


皆さんが

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


緊急事態宣言も解除され、

閉まっていたお店も開き始めたので、

色々な機会にお伺いしようと思っています。


第2波という話もありますが、

お金を使う気持ちがある人が「店で」お金を使い、

経済を回していかないと、

本当に大変なことになると思いますので・・・。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: