※本ブログ記事は2016年9月6日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」(過去開催分のダイジェスト版セミナー)

※ 札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡にて開催

※ 今年の2~3月に開催した内容との重複は【1つも】無いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://www.seiho-juku.com/seminar/
----------------------------------------------------------------------


私とセミナーでコラボする機会も多い元国税調査官の久保憂希也氏が

税理士からの税務調査に関する質問に回答するサービスが

【5日間限定】で募集再開です。


私が色々な税理士の税務調査対応を見ていると、

「反論する材料を知らない」、「交渉が間違っている」と

感じることは非常に多いです。


どんな税理士であれ、税務調査の対応に困り、疑問を持ち、

誰かに相談したいことはあります。


そんな場合にご利用頂きたいのが下記企画です。


メーリングリストなので、他の税理士の案件も糧とすることができます。


是非、ご覧ください。


----------------------------------------------------------------------
「税務調査の「裏」交渉術&極選ノウハウ習得会」

http://inspireconsulting.co.jp/service/mlservice/shutokukai2/
---------------------------------------------------------------------- 


では、今日は皆さんに

「その役員報酬は架空給与なのか?」を解説します。


平成24年3月28日の裁決です。


心づけのお金(裏金?)などが営業上、どうしても必要な場合があります。


もちろん、本来はこういう行為は無い方がいいのですが、

それでは事業が成り立たない会社もあります。


そして、これらのお金が役員報酬の手取り額から捻出されることもあり、

今回、ご紹介するケースでは下記の状況でした。


〇 社長の親族(社長の妻と子、社長の弟)も役員になっている

→ 以下、社長をA、妻をB、子をC、弟をDと表記します。


〇 B、C、Dの役員報酬が直接、本人に渡されず、Aがもらい、

  心づけのお金等に使用していた。   


これが税務調査で「架空給与だ」と否認され、

〇 B、C、Dの役員報酬の全額が損金にならない

〇 青色申告の取り消し

〇 重加算税

との処分になったのです。


これが国税不服審判所で争われたのですが、

結果は納税者の主張が「全面的に」認められました。


なぜ、国税不服審判所がこのような判断をしたかというと、

下記の状況だったからです。


〇 B、C、Dには勤務実態がある。


〇 株主総会、取締役会の議事録で役員報酬のことが決議されていた。


〇 B、C、Dが受け取っていない現金は会社のために使われたと

  推認される。


〇 AはCの役員報酬を受け取り、○○○○にに使ったと回答しており、

  Cの答述とも大筋で一致している。


〇 Cの役員報酬はCに直接、渡されなかっただけであって、

  Aを通じてCのために使われたことが認される。


〇 Bの役員報酬がAの手に渡り、その全部または一部はBに渡ったことが

  推認される。


〇 Dが役員報酬を受け取っていないとしても、その金額は法人側で

  債務として確定しており、支給がされたので、Dは役員報酬を

  もらったた上で、Aに貸付け、贈与をしたとみるべき。


〇 Bの手元に渡らなかった役員報酬も同様である。 


〇 B、C、Dへの役員報酬が架空だと認めることができない。


分かりやすくするため、事実関係を「かなり」省略して書いているので、

皆さんが実際に判断される場合にはご相談頂ければと思います。


このような同族会社は沢山あると思われます。


そして、こういう役員報酬が「架空だ」と税務調査で指摘されることも

あるでしょう。


しかし、同じ「ような」ケースでも架空の場合もあれば、

そうでない場合もあります。


そこは事実関係次第です。


しかし、税務調査では当然に否認する方向性で指摘され、

税理士もこれに正統的に反論できていないケースが多いです。


しかし、この裁決を知っていれば、話は全く変わってきますので、

皆さんの会社で指摘された場合はこの事例を復習してみて下さい。


このような「実際の税務調査で活きる実例」を下記セミナーでは

解説しますので、是非、ご参加ください(税理士限定)。


なお、「このテーマなら聞いた話だ」と思わわれる方もいると思いますが、

新しい論点を加えますので、そこは知っておいて頂きたい部分です。


---------------------------------------------------------------------
東京、横浜、船橋、大宮、大阪、名古屋、広島、福岡にてセミナー開催


「税理士が知っておくべき裁決等の具体的事例」


〇 元社長(現社長の父親)に対する約4億円の貸倒損失が認められた事例

〇 税務調査で「役員賞与」と指摘された場合の反論に使える裁決、判決

〇 不動産を購入した場合の按分基準につき、更正処分が取り消された事例

〇 ずさんな経理による売上計上もれの重加算税が取り消された事例

〇 建替え中の建物の敷地が貸家建付地に該当するとされた事例


http://www.teian-juku.com/seminar/
---------------------------------------------------------------------



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


今日から怒涛のセミナーツアーの始まりです。


まずは横浜!


外部からの講師依頼も多いのですが、あまりのセミナーの本数のため、

請求書の発行を忘れそうです(汗;;;。


秘書までは不要ですが、サポートスタッフを付けないと無理な状況に

なってきましたね・・・。


10月の飛行機の予約もまだしていない・・・_| ̄|〇

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: