※本ブログ記事は2016年12月12日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


さて、来年1月の「提案型税理士塾」の講師は

私の元上司の玉越賢治 氏(税理士法人タクトコンサルティング 

代表社員)をお招きします。


セミナーのテーマは「中小企業の事業承継のポイント(その1)」です。


税理士の方は是非、ご参加頂ければと思います。


---------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」

※ 2月以降のテーマは下記サイトに記載しております。

http://www.teian-juku.com/
---------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーでは

「役員報酬が適正でない場合の役員退職金」を解説します。


12月5日のメルマガで下記内容を解説しました。


--------------------------------------------------------------------- 
社会保険料を削減するため、または、老齢年金の受給額を増加させるため、

毎月の役員報酬を低額にし、役員賞与を高額にする方法があります。


ただし、この方法は「最終報酬月額×在任年数×功績倍率」という

計算方法を前提にすると、リスクがあります。
--------------------------------------------------------------------- 


では、最終報酬月額が適正でない場合、

役員退職金の適正額はどのように計算されるのでしょうか?


最終報酬月額が0円や非常に低額である場合、

上記算式の「功績倍率法」ではなく、「1年当たり平均額法」で

計算されることが多いです。


この計算方法は同業他社の役員退職金の役員在任1年当たりの平均額を

ベースに問題になっている会社の役員退職金の適正額を計算する方法です。


たとえば、同業他社の役員退職金を調べてみたところ、

役員在任20年で2,000万円という平均値が出てきたとします。


そうすると、役員在任1年につき100万円となります。


この場合、役員退職金が問題になっている会社の退職役員の在任年数が

30年ならば、役員退職金の適正額は3,000万円となるのです。


ただし、「最終報酬月額×在任年数×功績倍率」であれば、

目の前のある数字を使うだけなので分かりやすいのですが、

同業他社の役員退職金はたやすく手に入るデータではありません。 


仮に、様々なデータを入手して計算したとしても、

税務調査で採用される国税内部のデータと比較した場合、

どの程度近いのか?どの程度遠いのか?は全く分かりません。


正直、「雲をつかむような話」である側面もあります。


しかし、国税は税務訴訟において、下記のように主張してきます。


東京地裁(平成28年4月22日、残波事件)の国税の主張の一部を

抜粋します。


---------------------------------------------------------------------
類似法人の役員給与データを入手できる社会状況が消失した旨の主張も、

財務省や国税庁がホームページ上で公表している「法人企業統計年報特集」、

「民間給与実態統計調査」や税務関係の雑誌である「週刊税務通信」の

掲載記事や、税務関係の書籍にも参考となる資料が数多く掲載されているし、

東京商工リサーチのTSRレポートのサンプルには、役員数や役員報酬の

金額が記載されているのであって、これらの資料から、類似法人の

一人当たりの平均役員給与額を算定することも可能であることからすれば、

(納税者の主張には)理由がない。
---------------------------------------------------------------------


この事件は過大役員報酬について、納税者が東京地裁で敗訴、

東京高裁に控訴されているものですが、国税はこのように

主張する訳です。


こう主張する国税内部の方が退官し、税理士になったら、

果たして、どうやって計算するのでしょうか・・・。


もちろん、上記の通り、どの程度近いのか?どの程度遠いのか?が

分からない推定計算はできます。


しかし、裁決や判決で実際に使われる「国税内部のデータと同じレベル」の

データに基づく計算は実際には「まず無理」です。


だからこそ、最終報酬月額が低額であり、功績倍率法でなく、

1年当たり平均額法で計算されてしまうことはリスクがあるのです。


「最終報酬月額×在任年数×功績倍率」は目に見える計算方法です。


しかし、1年当たり平均額法はそうではないので、

社会保険料削減のために、老齢年金の増額のために、

最終報酬月額が低額であることはリスクがある方法なのです。


もちろん、新しい裁決や判決が出てくれば別ですが、

現時点においては、全くお奨めできない方法なのです。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


実は、最近のメルマガは書き方を変えています。


昔はもっと文字数も多く、がっちり書いていたのですが、

最近はできるだけコンパクトにまとめるようにしています。


もちろん、がっちり書いた方が詳しいのですが、

「読むことを後回しにしてしまう」とのお声も多いので、

数か月前から変えています。


コンパクトにまとめる方が難しかったりするのですが、

まあ、ここは経験値でなんとかしています(笑)。


今年のメルマガも後数回ですが、頑張ります!

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: