※ 本ブログ記事は過去(2018年2月1日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
【生保営業パーソン向けセミナー】


「生命保険に関する税務のポイント」

開催地: 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡


http://www.seiho-juku.com/seminar/
---------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
【どなたでもご参加頂けるセミナー】


「節税対策の盲点 徹底解説セミナー」

開催地: 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡


http://www.success-idea.com/201802/
---------------------------------------------------------------------


では、今日は皆さんに

「事前確定届出給与による社会保険料削減スキームがNGである理由」

を解説します。


〇 役員報酬に関する社会保険料の削減のために

または、

〇 老齢年金の増額支給のために

役員「給与」を下記状況にしている会社があります。


〇 毎月の役員報酬は10万円など、非常に低額にする。

〇 夏冬の役員賞与を1,000万円ずつなど、非常に高額にする。

〇 これを事前に税務署に届け出て、役員賞与も損金にする。


このスキームに関しては、

〇 そもそもの税務的な問題

〇 役員退職金の計算上の問題

という観点から過去のメルマガで注意喚起をしてきたところです。


このスキームにつき、今日は別の観点から解説します。


それは役員の退職が死亡に伴うものであった場合の

「弔慰金」についてです。


役員が死亡により退職した場合、役員退職金だけでなく、

弔慰金も法人は支払うことが可能なのです。


そして、この弔慰金は

〇 支払った法人側:損金になる

〇 もらった相続人側:相続税の課税対象にならない

となるのです。


また、相続税基本通達3-20に「弔慰金」に関する定めがあり、

〇 被相続人が業務により死亡:賞与以外の普通給与の3年分

〇 被相続人が業務外で死亡:賞与以外の普通給与の半年分

までとされているのです。


もちろん、これを超えて弔慰金を支払ってもいいのですが、

上記金額を超えた部分は形式上は弔慰金であっても、

「役員退職給与」として取り扱われ、役員退職給与に加算され、

過大か否かの判定が行われるのです。


この事前確定届出給与によるスキームを実行している社長は

「間違いなく」高額所得者です。


たとえば、スキーム実行前は役員報酬の月額が300万円だったとします。


この方が死亡して退職した場合、

〇 業務により死亡:1億800万円(3年分)

〇 業務外で死亡:1,800万円(半年分)

が弔慰金となるのです。


これだけの金額が法人側では損金になり、

相続人側では相続税の課税対象にならないのです。


しかし、極端に役員報酬の月額を下げていれば、

この額は当然にグッと下がってしまうのです。


もちろん、これは事前確定届出給与による社会保険料削減スキーム、

老齢年金増額スキームを利用しているか否かに関係なく、

役員報酬の月額が低い場合にも同様の状況となります。 


いかがでしょうか?


社会保険労務士やコンサルタントにより、

事前確定届出給与による社会保険料削減スキーム、

老齢年金増額スキームが解説されていることがあります。


しかし、このスキームを実効するということは、弔慰金の観点からすれば、

〇 100万円の得をした

〇 3,000万円の損をした

ということにもなりかねない話なのです。


人間が死亡する確率。


それは100%です。


過去に解説してきた2つの論点も含め、この観点もあるので、

私は「事前確定届出給与による本スキームはやるべきではない」と

解説しているのです。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記

インフルエンザが流行っていますね・・・。


ただ、私はインフルエンザにかかったことがないので、

その辛さがどの程度なのかがよく分かりません・・・。


体質もあるのかもしれませんが、

〇 常にマスク着用(厚労省は否定的な意見を発表していますが・・・)

〇 念入りな手洗い

〇 アルコール消毒

を徹底しています。


学校は学級閉鎖でいいですが、

会社はそういう訳にはいかない場合もあるでしょう。


インフルエンザ対策は1に予防、2に予防、3も4も5も予防です。


是非、この3点を「徹底して」やってみてください。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: