※ 本ブログ記事は過去(2017年8月17日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/

さて、来週ですが、

当社が主催している「生保営業支援塾」で開催したセミナーを収録した

「ドクターマーケット開拓(DVD3巻セット)」を販売します。


【5日間限定販売】で、期間経過後は販売停止となりますので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生保営業パーソンの方はお見逃しのないようにお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私自身が後ろで聞いていて、

「非常に面白い!!!」と思った内容です。


アンケート結果も非常に高いものでした。


来週月曜日に告知しますので、お待ち頂ければと思います。


では、今日は皆さんに

「新設の法人税基本通達に記載された役員退職給与」

をお伝えします。


平成29年6月30日に国税庁長官から

「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」

というものが発表されました。


この中に新設の下記通達があります。


通達の原文のため、条文番号が入ってしまいますが、

その点は読み飛ばしてください。


---------------------------------------------------------------------
法人税基本通達9-2-27 の 2(業績連動給与に該当しない退職給与)


いわゆる功績倍率法に基づいて支給する退職給与は、法第34条

第5項((業績連動給与))に規定する業績連動給与に該当しない

のであるから、同条第1項((役員給与の損金不算入))の規定の

適用はないことに留意する。


(注)本文の功績倍率法とは、役員の退職の直前に支給した給与の額を

基礎として、役員の法人の業務に従事した期間及び役員の職責に

応じた倍率を乗ずる方法により支給する金額が算定される方法をいう。
---------------------------------------------------------------------


これをさらっと読むと、

「功績倍率法に基づいて支給する退職給与は役員給与の損金不算入の

規定の適用はない」と読めます。


ということは、功績倍率法※により計算した役員退職給与は

いくらでも損金算入可能ということなのでしょうか?


※ 最終報酬月額×在任年数×功績倍率


結論からいうと、そうではありません。


当然、功績倍率法で計算した役員退職給与であっても、

「不相当に高額」であれば、その部分は損金不算入となります。


ちなみに、「不相当に高額」と「高額」は意味が違い、

たとえば、同業の類似法人の平均値を超えれば、

その超過額が即座に損金不算入になる訳ではありません。


この考え方は仙台高裁(平成10年4月7日)などで

示されています。


あくまでも「不相当に」高額である場合に、

その部分が損金不算入となるのです。


話を戻します。


新通達に関する内容ですが、きちんと説明すると、

一般の方にとっては難しくなってしまうため、

雑誌の記事を抜粋します。


これでも読みにくい部分はありますが、

そこは読み飛ばして頂ければと思います。


---------------------------------------------------------------------
「週刊 税務通信」3468号


この点,取材によれば,“通達で示された功績倍率(役員の職責に

応じた倍率)”は,“同業類似法人の功績倍率”よりも広い概念

であるとのこと。


“同業類似法人の功績倍率”のほかにも,

例えば,自社で設定した功績倍率(例:代表取締役の功績倍率○倍,

取締役の功績倍率×倍等)なども含まれるという。


つまり,役員退職給与を算定する段階では,

必ずしも同業類似法人の功績倍率等を把握しなければならない

というわけではなく,自社で設定した功績倍率等を基に算定した

役員退職給与であっても,その金額が“過大”でなければ

損金算入が認められる。


過去の判決では過大か否かを同業類似法人と比較して判断

ただし,留意しておきたいのは,このたびの通達で

示された功績倍率法は,あくまで「業績連動型の役員退職給与」に

該当しない役員退職給与の算定方法の一つとして示されたものであり,

自社で設定した功績倍率等を基に算定した役員退職給与が“過大”と

判断されれば,当然,損金不算入となる点だ。
---------------------------------------------------------------------


別の税務雑誌にも同じ旨が記載されていますし、

条文を詳細に読めば、上記のことは当然に言える話となります。


ちなみに、この新通達の考え方は平成29年10月1日以後の

支給に係る決議をする役員退職給与について適用されますが、

あまり気にしなくてもいいでしょう。


なぜならば、一般的な役員退職給与の過大額の考え方は

従来通りで変わっていないからです。


新通達が出たことにより、これをさらっと読むと、

「功績倍率法による役員退職給与はいくらでも損金算入OK」

と読めてしまいますが、そうではありません。


ここは十分に注意をしたいところなので、ご注意頂ければと思います。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


夏休みはシンガポールに行ってきました~!


もし、皆さんが観光に行かれるならば、

ナイトサファリは絶対にお奨めですね!


その他も色々とありますが、これが一番面白かったですね!


歩いて回らないと見られない動物も多いのですが、

私はトラム(バスのこと)に乗って回るだけにしました。


これでも十分に楽しめますが、次回は歩いて回りたいですね~。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: