※ 本ブログ記事は過去(2017年4月3日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


さあ、いよいよ、下記セミナーが本日から始まります。


税理士の方は是非、ご参加ください。


なお、下記セミナーは

「税理士以外を対象にしたものも開催して欲しい」

というご要望が多いので、別途、開催致します。


-----------------◆セミナー情報(対象者:税理士)◆------------------


テーマ:「社長の役員退職給与の税務上の限度額」


開催地は「札幌、新潟、金沢、仙台、東京、大宮、千葉、横浜、

名古屋、大阪、広島、福岡」です。


特に、今回は「創業者社長の役員退職給与」にスポットを当て、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去の具体的判決等を通じ、その考え方を解説します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、退職する事業年度においての役員報酬を

〇 前期の2.8倍としたことが正当とされた事例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〇 前期の1.7倍としたことが正当とされた事例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
も解説します。


これも含めた内容の「全項目」は下記です。


〇役員退職給与の過大額の考え方。功労金加算は何%までOKなのか?

〇創業者(代表ではない取締役)の死亡退職事例

〇創業者社長であることを「肯定的に」捉えた事例

〇創業者社長であることを「否定的に」捉えた事例

〇設立以来、死亡するまで社長だった方の退職金。

 会社が赤字の場合、功労金加算は?

〇功績倍率3.72が採用された事例から学ぶこと

〇TKCデータを採用することの是非

〇創業者(取締役会長)が退職する事業年度において、

 役員報酬を増額したことが正当と認められた事例


http://www.teian-juku.com/seminar/

----------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーでは

「原状回復費用は修繕費でOKなのか?」を解説します。


まずは、修繕費について、法人税基本通達に書いてある内容を

お読みください。


なお、【 】は私が追記した部分ですので、注意してお読みください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

----------------------------------------------------------------------
法人税基本通達7-8-2(修繕費に含まれる費用)


法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち

当該固定資産の通常の維持管理のため、又は【き損した固定資産につき

その原状を回復するために要した】と認められる部分の金額が修繕費

となるのであるが、次に掲げるような金額は、修繕費に該当する。

(以下、略)
----------------------------------------------------------------------


同じ内容が所得税基本通達にも定められていますので、

見てみましょう。


----------------------------------------------------------------------
所得税基本通達37-11(修繕費に含まれる費用)


業務の用に供されている固定資産の修理、改良等のために支出した金額

のうち当該固定資産の通常の維持管理のため、又は【災害等により

き損した固定資産につきその原状を回復するために要した】と

認められる部分の金額~が修繕費となるのであるが、

次に掲げるような金額は、修繕費に該当する。(以下、略)
----------------------------------------------------------------------


私が【 】を付けた部分からもわかる通り、

〇法人税:き損した固定資産につきその原状を回復するために要した

〇所得税:災害等によりき損した固定資産につきその原状を回復するために

     要した

となっています。


では、この「災害等により」という部分は所得税に限った話であって、

法人税では「災害等により」ではない、「単なる原状回復費用」も

修繕費になるのでしょうか?


結論からいうと、そうではありません。


所得税も法人税も同じ考え方になり、

「災害等によりき損した固定資産の原状回復費用」が

修繕費になることなります。


しかし、これらの比較もしていないし、法人税基本通達には、

「き損した固定資産の原状回復費用」は修繕費と書いてあるので、

多くの税理士が勘違いしている部分となります。


「単なる原状回復費用」は修繕費とは限らないのです。


実際、「逐条解説 法人税関係通達総覧」(第一法規)には

下記とあります。


なお、下記文中にある「資本的支出」とは、固定資産に計上することを

指します。

----------------------------------------------------------------------
なお、本通達の本文において修繕費の意義として示している「き損した

固定資産につきその現状を回復するために支出する金額」については、

平成7年改正前は「災害等によりき損した・・・・・・」という表現になって

いたが、同年の改正により災害があった場合の資本的支出と修繕費の区分に

ついては基本通達7-8-6に定めるところによることとなったことに伴い、

本通達における「災害等により」の文言は削除されている。


もっとも、「災害等により」の文言が削除されたからといって、

通常の使用により固定資産が減耗し、き損した場合にもその現状回復費が

無条件で修繕費として認められるというものではないから、ここでいう

「き損した」というのは、あくまでも通常の使用以外の原因により

固定資産がき損した場合のことを指していると解すべきであろう。
----------------------------------------------------------------------


だから、「通常使用で固定資産が減耗し、き損した場合の現状回復費用」は

その内容により、修繕費か?資産計上か?を判断すべきなのです。


たとえば、TKC税務Q&Aに下記解説があります。


----------------------------------------------------------------------
「機械装置のモーターの取替えと減価償却等」


Q.金属プレス加工設備のモーターを次のように取り替えた場合、

その取替費は修繕費となるのか、それとも資本的支出となるのか。

また、取替え後の減価償却費の計算はどのように行うのか。


金属プレス加工設備の取得価額 300万円

旧モーターの取得価額      30万円

同取得時期       昭55.5.10

新モーターの取得価額      50万円

同耐用年数            12年

取替時期         昭63.5.7

償却方法             定額法


A.

1、モーター取替費用50万円は、金属プレス加工設備の使用可能期間を

延長させる効果があるので、明らかに資本的支出として減価償却の対象

となる。(以下、略)
----------------------------------------------------------------------


いかがでしょうか?


もちろん、その修繕に伴う費用が

〇 修繕費として損金になるのか? 

〇 資産計上し、減価償却を通じて損金になるのか?

は「修繕の内容」により変わります。


ただし、皆さんに覚えておいて頂きたいことは

「単なる原状回復費用=修繕費」ではないということです。


ただし、建物の壁の塗替や雨漏り防止工事などは

上記の両通達にいうところの「通常の維持管理」に該当するので、

通常は修繕費になります。


まとめると、

〇 単なる原状回復費用は修繕費とは限らず、その内容により判断

〇 通常の維持管理に該当するものは修繕費でOK

となるのです。 


法人税基本通達には「災害等により」という記載が無いので、

税理士も勘違いしやすい部分です。


皆さんはしっかり覚えておいてくださいね。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


生命保険営業パーソンの優績者であるMDRTの京都大会に

ブースを出します。


東京海上日動あんしん生命さんの分会ではセミナー講師も務めます。


なお、出店ブースにお立ち寄りになられた方には

下記の無料冊子をお渡ししますので、是非、お立ち寄りください。


---------------------------------------------------------------------
生命保険会社も知らない?!

役員退職給与の「誤解」と「真実」
---------------------------------------------------------------------

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: