※本ブログ記事は2017年1月26日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------◆セミナー情報(その1)◆----------------------

日本全国9ヶ所で開催。

札幌・仙台・新潟・金沢・東京・名古屋・大阪・広島・福岡。


「生保営業支援塾」

~過去開催分のダイジェスト版セミナー(その3)~


※ 過去に開催したダイジェスト版セミナーとの内容の重複は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「一切」ありません。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は下記の内容などを解説します。


〇 事業承継の提案と生命保険活用法

〇 生命保険に関する税務調査事例と否認回避のポイント

〇 役員退職金における「功績倍率」、「功労金加算」の真実

〇 借金が多いお客様への生命保険の提案方法

〇 生命保険金が遺留分の対象になってしまう場合とは?


生命保険営業の方、生命保険会社の方は是非、ご参加ください。


http://www.seiho-juku.com/seminar/
----------------------------------------------------------------------


----------------------◆セミナー情報(その2)◆----------------------

日本全国9ヶ所で開催。

札幌・仙台・新潟・金沢・東京・名古屋・大阪・広島・福岡。


「節税対策の【盲点】徹底解説セミナー」

※ 内容の「全15項目」は下記URLに記載。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

過去にご参加頂いた方の声(一部)は下記です。


〇 岩手県盛岡市 智創税理士法人盛岡事務所 楢山直孝 様

非常にわかりやすく、かつ具体的な例を交えてのセミナーで

大変勉強になりました。

税理士から見てではなく、税務署や経営者の視点であり、

気づきが多くありました。


〇 東京都世田谷区 株式会社アーネストプレイス 岸浩二 様

分かりやすく、小気味良いセミナーでした。

経営を考える際には絶対に知っておくべき内容を要点を絞り、

明確になっていたと思います。

顧問の税理士にも聞かせたい事例で大変参考になった。


〇 熊本県熊本市 株式会社First 代表取締役 小佐井憲彦 様

世間で一般的に行なわれている事が実はそうではないと言う事が

よくわかった。

1年間の途中で役員報酬を増減、家賃などの前払い、決算賞与、

倒産防止共済等については即、お客様へ情報提供しようと思う。


前回と1項目を入れ替え、

皆さんにより良い情報をお伝えしますので、是非、ご参加ください。


札幌・仙台・新潟・金沢・東京・名古屋・大阪・広島・福岡にて開催。

※ 東京会場、仙台会場は定員となりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 他会場も定員になり次第、締め切りますので、お急ぎください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「節税対策の【盲点】徹底解説セミナー」

http://www.success-idea.com/201702/
---------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーでは

「生命保険金の受取人に関する注意点」を解説します。


たとえば、こんな状況があったとします。


〇 登場人物:父(3年前に他界)、母(今月、他界)、子供3人

〇 下記の生命保険契約あり

・ 契約者&被保険者:母

・ 保険金受取人:父

・ 父が他界した際、保険金受取人の変更をしていなかった。


この場合、母死亡による保険金は誰がどれだけ受け取るのでしょうか?


この場合、

〇 保険金受取人が死亡した時点の法定相続人が受取る

→ 父死亡時の法定相続人は母、子供3人

〇 法定相続分ではなく、「均等に」受け取る

と判断された事例があります(最高裁、平成4年3月13日)。


本来であれば、受取人が死亡した際に受取人変更をしておくべきです。


しかし、様々な事情により変更がされなかった場合は、

このようになるので、注意が必要です。


では、これと似たような形式にはなるのですが、

次の場合はどうなるでしょうか?


上記の事例は受取人の地位が相続人に引き継がれたものですが、

「最初から」受取人を「相続人」として契約した生命保険がある場合、

この受け取り方はどうなるのでしょうか?


結論から言えば、この場合は上記の事例とは違い、

相続人が「法定相続分に応じて」取得すると判断された事例があります。


最高裁(平成6年7月18日)です。


なお、このように「相続人」と指定した場合、

〇 相続人とは、契約者の相続人を指す

→ 被保険者の相続人ではない

〇 相続人とは、被保険者が死亡した時点の相続人を指す

というのが通説になっています。


いかがでしょうか?


似たようなケースではありますが、状況によって、

死亡保険金の受け取り方が変わってきます。


それにより、相続が争続となるかどうかが変わってくる場合も

あるでしょう。


そういうことにならないように、皆さんは今日の内容を

必ず、覚えておいて頂ければと思います。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


今、札幌でこのメルマガを書いています。


すごい雪ですね~!


再来週も札幌に来る予定なので、革靴に付けるスパイクを

持ってこようと思います。


今回はホテルからセミナー会場まで歩いて行きましたが、

滑って危ないので・・・。


さあ、再来週は雪まつり、もとい、セミナーツアーの始まりです。


雪まつりに当たったのは、たまたまですので(笑)。


おかげで、いつものホテルが予約できず、

すすき野のど真ん中にあるホテルとなりました(笑)。


長い夜になりそうです・・・。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: