※本ブログ記事は2016年4月11日に配信したメルマガを掲載したものです。



1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
■ セミナーのお知らせ


50以上の事例を徹底検証!!!

「分掌変更による役員退職給与の具体的事例」


〇 月3~4回の出社であるにも関わらず、分掌変更が否認された事例

〇 分掌変更が税務調査で問題になる場合、調査官はどんな証拠を

  積み上げるのか?

〇 「分掌変更後の給与」と「経営に従事」の関係

〇 大株主であることが分掌変更で問題になった場合、

  どのように反論するのか?

〇 退職給与の本質を理解するための最高裁判決2つ


※ 4/1(月)~18(金)に開催

※ 会場:札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

※ 対象者は税理士事務所の所長、税理士法人の代表社員のみ


私のところには「〇〇(地域名)で税理士を紹介して欲しい」という
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
依頼がありますが、この紹介制度の説明も本セミナーで行ないます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 紹介料、成約料は【一切】頂きません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://www.success-idea.com/teian/
---------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
プレミアム会員募集(販売元:株式会社InspireConsulting)


〇 税理士を対象にした「全ての」セミナーDVD

〇 税理士を対象にした毎月の「月刊 税務調査対策」

が送られてくる「プレミアム会員」の特別キャンペーンです。


4/15(金)までにお申込みされた方限定で、

【過去のメルマガ(無料、有料)の全て】がPDFでもらえます。


これを読むだけでも「税務調査に強い税理士」になることが

できますので、税理士の方は是非、お申込みください。  


http://inspireconsulting.co.jp/premium03/
---------------------------------------------------------------------


皆さん、朝4時起きの税理士 見田村です。


このメルマガでは

○ 税理士の見田村元宣が「税務」の話(法人、相続、事業承継など)

○ 社会保険労務士の内海正人が「労務」の話

をお届けします。


では、今日の1分セミナーは「中小企業で問題となる株主構成」を

解説します。


兄弟姉妹に中小企業の株式が分散している問題は、このメルマガでも

何度も取り上げてきましたが、そうではない場合でも問題は生じるのです。


たとえば、下記のような株主構成の場合に注意すべきことは

あるでしょうか?


〇 父(社長)が60%

〇 子(長男、専務)40%

〇 次男、三男は会社には在籍しているが、後継者ではない。

  または、会社に在籍していないし、後継者でもない。

〇 長男、次男、三男の人間関係は微妙。


父は後継者である長男に株式を少しずつ贈与し、なんとか40%まで

所有させました。


そんな時、父が急に他界しました。


この場合、株主の関係はどうなってしまうのでしょうか?


父の妻は既に他界し、相続人は子3人(長男、次男、三男)とします。


この場合、父の株式の60%は

〇 長男分:20%

〇 次男分:20%

〇 三男分:20%

となり、長男は「40%+20%=60%」で過半数確保。


とはならないのです・・・。


父の60%は「準共有」という状態になり、

次男と三男が結託し、次男を議決権の行使者として、会社に届け出れば、

60%の議決権【全て】を次男が行使できるのです(会社法106条)。


こうなると、長男は大変なことになります。


後継者でなかった次男と三男が会社の議決権の60%を掌握しますので、

結果として、長男は会社を追われることになるかもしれません。


いわゆる「お家騒動」に発展するのです。


では、このような場合、どのような対策が考えられるのでしょうか?


もちろん、すぐに株式を長男に全て贈与すればいいのですが、

株価が高いこともあり、それはすぐにできない場合もあります。


そこで、「最低限でも」やって頂きたいことが「定款変更」です。


定款を下記のように変更しておくのです。


---------------------------------------------------------------------
(定款記載例)

当会社の株式につき、相続等を原因として株式の準共有状態が生じた

場合に、当該準共有者から申出があったときは、その者について

法定相続分で割り切れる数の株式につき単独で議決権を行使することを

認める。

(出典:「「種類株式プラスα」徹底活用法」(ダイヤモンド社) 
---------------------------------------------------------------------


こうしておけば、長男は申し出をすれば、父の60%のうち、

20%は「単独で」行使することができます。


結果として、「40%+20%=60%」を長男が行使することが

できるのです。


親は

〇 自分の子供にはもめないで欲しい

〇 自分の子供がもめる訳がない

と思っていることが多々あります。


もちろん、私も親として、この気持ちが理解できない訳ではありません。


しかし、実際に相続でもめるのは兄弟姉妹であることが多いのも現実です。


あんなに仲が良かった兄弟姉妹が相続をきっかけに絶縁状態になった、

ということは「よくある話」です。


だから、「もめたくても、もめようの無い形」を作っておくことが

「親の責任」でもあるのです。


いかがでしょうか?


上記の例でも父と長男で100%の株式を所有していますので、

どんなことでも自由に決められる訳です。


そういう時にこそ、「きちんとした形」を整えておくことが

重要なのです。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


さあ、また今日からセミナーツアーです!


大阪、広島、福岡のみなさん、楽しみにお待ちくださいね!


先々週、先週と4会場でやってきましたが、かなり好評な内容です!


税理士として、しっかりと知識を身に付け、

顧問先に提案して頂ければと思います。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: