※本ブログ記事は2017年2月27日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----◆告知情報(対象者:生命保険営業の方、生命保険会社の方向け)◆----


先日に開催した「生保営業支援塾」のDVDが完成しました。


タイトルは「営業範囲は半径20km、人口17万人の地方都市で

TOTを獲得した営業手法」です。


講師は岡田裕明さん(MDRT13回(COT3回、TOT1回)))で、

2017年MDRTオーランド世界大会でもセッションスピーカーとして、

ご登壇される予定の方です。


私自身が最後列で受講していて、すごく沢山のメモを取りました。


また、私自身の営業になるヒントもあり、

「全く同じ営業ルートが使える」と思い、即検索しました。


実際のご参加者の方のお声も載せております。


生命保険営業の方、生命保険会社の方は是非、ご覧下さい。


非会員の方でも単品購入が可能です。


http://www.seiho-juku.com/dvd/021/
----------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーでは

「一体で機能している固定資産の少額判定」を解説します。


青色申告法人である中小企業が取得した固定資産は、

〇 30万円未満

〇 1年間で300万円まで

という条件の下、全額の損金算入が可能です。


これは多くの方がご存知の内容ですが、

下記の場合はどうなるのでしょうか?


〇 個別の機材等がケーブル等により接続されている

〇 一体で機能している

〇 全体で40万円かかっている


このような場合、一体で機能していることから、

「全体の40万円で判定するので、一括で損金にはできない」

という指摘が税務調査でされることがあります。


このような場合、どう考えるのが正しい判断なのでしょうか?


さいたま地裁(平成16年2月4日)を例に挙げましょう。


この事例の前提条件は下記の通りです。


〇 衣料品販売のチェーンストアの経営を行う会社

〇 各店舗内に防犯用ビデオカメラを設置

〇 ビデオカメラ、コントローラー、テレビ、ビデオ、接続ケーブルで構成

〇 カメラの取得価格(1台):4万8,500円~5万9,000円

〇 コントローラーの取得価格:3万1,000円~3万9,100円

〇 テレビの取得価格:1万5,000円~2万8,400円

〇 ビデオの取得価格:1万8,600円~2万円

〇 20メートル接続ケーブルの取得価格:2,000円程度

〇 カメラ、テレビ、ビデオに関しては、家庭用製品と同じもの


この状況の下、税務調査で「カメラ、コントローラー、テレビ、ビデオ、

接続ケーブルは一体で機能しているので、全体で30万円未満の判定」と

否認されました。


しかし、さいたま地裁は下記と判断したのでした。


〇 防犯用ビデオカメラ等は監視目的のために接続ケーブル等により

  接続されているに過ぎず、その構造的、物理的一体性は稀薄である。


〇 カメラ、テレビ、ビデオにはそれぞれ独立した機能がある。


〇 特に、テレビやビデオは普通は単独で取引単位となるものである。


〇 応接セットなどの場合とは異なり、それらの組み合わせが

  取引の常態とはいえない。


〇 テレビ、ビデオについては監視用として長期間の連続運転に

  耐えられるように製作されたものではなく、普通の家庭用の安価なもの。


〇 テレビやビデオなどの普通の家庭用製品は、特段の事情がない限り、

  1品ごとの通常の取引価額により判定すればOK。


〇 防犯用ビデオカメラ等は全体として監視目的のため一体的に使用されて

  いるといっても、1つの償却資産と扱うことは合理的とは言えない。


〇 カメラ、ビデオ、テレビは1つ1つを器具備品として取り扱っても

  差し支えない。


この判決から言えるポイントは【全体として機能していたとしても】、

〇 構造的、物理的一体性はどうであるのか?

〇 個々で独立した機能はあるか?

〇 単独で取引されることが通常か?

を考え、30万円未満の判定を【個々に】行なうべきということです。


この考え方は国税不服審判所の裁決(平成20年10月3日)でも示され、

納税者の主張が認められています。


いかがでしょうか?


確定申告の時期が終われば、春の税務調査の季節です。


当然ですが、税務調査官の指摘が常に正しい訳ではありません。


正しいことも、間違っていることもあるのが現実です。


もし、皆さんの会社に税務調査があり、

「それは納得できない・・・。不合理だ!」と思われるならば、

税務調査官の指摘が間違っている可能性もあります。


このようなことが当社のお客様で起きた場合、

私は過去の裁決、判決を調べ、同じような事案が無いかを調べます。


もし、皆さんがお困りの状況になれば、

是非、ご連絡を頂ければと思います。


東京に限らず、日本全国の提案型税理士(200名超)を

ご紹介することも含め、対応させて頂きます。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)


数年前に庭で子供の砂場(約40キロ)を移動させている時に、

ギックリ腰をやりました・・・。


しばらくは湿布と自然治癒に任せていたのですが、

ある時にさらに痛め、整形外科に行くことにしました。


そこのクリニックでは柔道整復師の方が複数名いて、

リハビリにかなり力を入れていました。。


そして、リハビリとして、ストレッチを奨められ、

半年以上、継続してやっています。


ストレッチ専門店にも不定期で通っています。


その成果もあり、腰痛はかなり改善し、

また、股関節も柔らかくなりました。


以前は立位体前屈がマイナス20センチくらいだったのですが(笑)、

今ではピッタリ以上にいきます。


次の目標は手の平がベッタリ着くようになることです。


股割りも完成させ、土の字でベッタリ床に寝てみたいです(笑)。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: