※本ブログ記事は2016年9月9日に配信したメルマガを掲載したものです。



皆さん、おはようございます!朝4時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


-----------------------------セミナー情報-----------------------------

「生保営業支援塾」(過去開催分のダイジェスト版セミナー)

※ 札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡にて開催

※ 今年の2~3月に開催した内容との重複は【1つも】ありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇具体的内容の一部

・ 社長が会長等に退いた場合の解約返戻金と役員退職金を否認されない

  ポイント

・ 不動産オーナーに対する法人設立の「具体的手法」と生命保険の提案

・ 贈与者が認知症になっても、保険料贈与プランを「合法的に」

  継続する方法

・ 配偶者は死亡保険金の受取人になるべきか?ならざるべきか?

・ 相続において、再婚、離婚、養子縁組に関する注意点

http://www.seiho-juku.com/seminar/
----------------------------------------------------------------------


皆さん、おはようございます! 朝4時起きの税理士 見田村です。


私とセミナーでコラボする機会も多い元国税調査官の久保憂希也氏が

税理士からの税務調査に関する質問に回答するサービスですが、

募集は年2回のみで【本日が最終日】です。


私が色々な税理士の税務調査対応を見ていると、

「反論する材料を知らない」、「交渉が間違っている」と

感じることは非常に多いです。


どんな税理士であれ、税務調査の対応に困り、疑問を持ち、

誰かに相談したいことはあります。


そんな場合にご利用頂きたいのが下記企画です。


メーリングリストなので、他の税理士の案件も糧とすることができます。


是非、ご覧ください。


----------------------------------------------------------------------
「税務調査の「裏」交渉術&極選ノウハウ習得会」

http://inspireconsulting.co.jp/service/mlservice/shutokukai2/
----------------------------------------------------------------------


では、今日の1分セミナーは

「その修繕費用は修繕費?、資産計上?」を解説します。


皆さんの会社が建物や機械などを修繕した場合、

その費用が多額になることもあります。


この場合、その費用に関して、

〇 修繕費として、一括で経費に計上できるのか?

〇 固定資産に計上して、減価償却を通じて経費になるのか?

が税務調査で問題になることがあります。


特に、「何らかの物理的付加」があった場合、

修繕費として経費にしていれば、問題になる可能性が高いでしょう。 


なぜならば、資産計上に関して記載された通達に下記とあるからです。


----------------------------------------------------------------------
固定資産として計上する場合の【例示】


例えば、次のような金額は、原則として、固定資産に計上する。

建物の避難階段の取付け等、物理的に付加した部分の費用の額
---------------------------------------------------------------------- 


ここに「物理的に付加した部分の費用の額」とあるので、

「何らかの物理的付加」があった場合はそう指摘される可能性が高いのです。


しかし、この通達に示されている考え方はあくまでも「例示」であり、

だから、「例えば」、「ような」、「原則として」という表現で

書かれている訳です。


結果として、

「何らかの物理的付加がある修繕=資産計上になる」

ではないのです。


例えば、平成13年9月20日の裁決では、下記が問題になりました。


〇 Aビルの雨漏り修繕工事の費用:約1,100万円

〇 Bビルの雨漏り修繕工事の費用:約2,200万円、


具体的な工事としては「陸屋根※の上に鉄骨を組み、

カラー鉄板で屋根を葺(ふ)いた工事(折板屋根工事)」です。


※ ビルの屋上の平らな屋根


これはビルの屋上に雨漏り防止用の「物理的付加」がされている状態です。


しかし、これは納税者の主張が認められ、「全額」が修繕費でOKと

認められました。


当然ですが、「修繕費が多額=資産計上」とはどこにも書いてありません。


別の事例になりますが、平成14年8月21日の裁決でも

「物理的に付加した部分があるとしても、それは価値を高める耐久性を

増すための資本的支出※というより、補修であり、その本来の機能を

回復するための 修繕費である」と判断されています。


※ 固定資産に計上するということ。


いかがでしょうか?


おおまかに言えば、

〇 使用可能期間を延長させる部分

〇 資産の価額を増加させる部分

は資産計上になります。


そして、

〇 通常の維持管理のための費用

〇 災害等により壊れた固定資産の原状回復費用

は修繕費となります。


この部分は税務調査でもよく問題になる部分ですので、

皆さんも必ず覚えておいて頂ければと思います。



〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記(見田村)

今日は千葉県税理士会の市川支部で研修講師です。


テーマは「税務調査に強い税理士になるための 裁決等の具体的事例」です。


税務調査の対応において、税務調査官と水掛け論になることもありますが、

こういう場合は具体的な事例の提示が効きます!


このような税理士に役立つ事例をお伝えしたいと思います。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: