※ 本ブログ記事は過去(2018年2月26日)に配信したメルマガを掲載したものです。


皆さん、おはようございます!朝5時起きの税理士見田村です。

私は1人でも多くの方に【本当の情報】を届けたいという趣旨から、

このメルマガを無料で配信しています。

是非、皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/


また、皆さんが顧問税理士をお探しの場合、

単発の税務相談をされたい場合は

下記よりお問い合わせください。

見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


---------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」

次回研修:3/2(金)「お客様を護る!生命保険活用術(その2)」

講師:松木祐司 氏

http://www.seiho-juku.com/
---------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」

次回研修:3/23(金)「間違えやすい資産税のポイント(その1)」

講師:見田村元宣

http://www.teian-juku.com/
---------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
---------------------------------------------------------------------


では、今日は皆さんに

「不動産所得における青色事業専従者給与はNGなのか?」

を解説します。


確定申告の時期なので、これに関するテーマを取り上げます。


不動産所得がある場合、青色申告の申請をして、

配偶者などに青色事業専従者給与を支払っていることがあります。


しかし、これに関しては注意が必要です。


なぜならば、「かなり多く」の場合において、

不動産所得における青色事業専従者給与は認められないからです。


国税庁のホームページに下記とあります。


---------------------------------------------------------------------
青色事業専従者とは、次の要件のいずれにも該当する人をいいます。

イ 青色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること。

ロ その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること。

ハ その年を通じて6月を超える期間(一定の場合には事業に

  従事することができる期間の2分の1を超える期間)、

  その青色申告者の営む事業に【専ら従事】していること。
---------------------------------------------------------------------


この最後の【専ら従事】という部分が大きなポイントです。


これは「専ら従事していない軽微な作業」では、

青色事業専従者給与は認めらないということです。


具体的に争われた事例を見てみましょう。 


国税不服審判所裁決(平成7年5月30日)です。


この事例は納税者の妻が実際に

不動産貸付業、理容業に関する業務に従事していたものです。


しかし、その事務量は僅少であるから、

青色事業専従者に該当しないとされた事例です。


なお、納税者は不動産貸付業と理容業を営んでいました。


納税者は妻は下記などの業務に従事しているから、

「妻は青色事業専従者に該当する」と主張しました。


〇 不動産管理台帳の記載

〇 賃貸料の受領、領収書の発行

〇 賃貸料未納者に対する督促、集金

〇 現金領収した賃貸料の預金への預入れ

〇 賃借人との使用契約書の作成

〇 無断駐車の有無の見回り

〇 駐車場の草取り

〇 理容業用タオルの洗濯、床清掃


しかし、国税不服審判所は

〇 駐車場の駐車可能台数

〇 賃貸料の銀行振込みの数

〇 賃貸料の現金領収の数

〇 賃借人の交替した数

〇 無断駐車の見回りの回数

〇 駐車場の路面の状況

〇 理容店の客数

などからみると、「納税者の妻がその業務に現に従事していても、

その事務量は僅少である」と判断しました。


結果、「事業に専ら従事していた」とは言えないので、

「妻は青色事業専従者に該当しない」と判断したのでした。


いかがでしょうか?


なお、この理屈は不動産所得に限った話ではありませんので、

ご注意ください。


たとえば、生命保険募集人の方が事業所得の申告をされる場合も

妻を青色事業専従者とすることは厳しい場合が多いでしょう。


一般的には事務量が少ない場合が多いからです。


また、不動産所得の場合、

賃貸マンションの1室が管理人室になっており、

そこに毎日出勤し、詰めているなどの状況であれば、

「専ら従事」と言えますが、こういうケースは少ないでしょう。


結果、不動産所得においては

青色事業専従者給与は認められないことが多いのです。


ここは意外な盲点になっていることが多いので、

ご注意頂ければと思います。


なお、青色事業専従者給与がNGの状況ならば、

妻を代表者にして同族法人を設立し、

そこに一定額の業務委託費を支払うことにより、

結果として、妻に給与を支払うことができます。


もちろん、業務の実態、業務内容に応じた報酬額という点はありますが、

青色事業専従者給与がNGである場合の対策として、

覚えておいてください。

〇 顧問税理士をお探しの場合

〇 単発の税務相談をされたい場合

は下記よりお問い合わせください。


見田村、または、日本全国の【提案型】税理士が

親身になって、

【皆さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。


電話:03-3539-3047

http://www.teian-juku.com/introduction/


----------------------------------------------------------------------
◆◆◆本メルマガをご紹介ください。◆◆◆

1人でも多くの方に【正しい情報】をお届けしたいと思っています。

皆さんのご友人、知人にもこのメルマガをご紹介ください。

https://www.muryou-report.net/magazine/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、

無断使用、無断転載を禁じます。

これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
メルマガの内容に関する「メールを介したご質問、回答」は

誤解が生じる可能性があるため、お断りしております。

有料相談、セミナーの休憩時間、懇親会などをご利用ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
本メルマガの内容は配信日時点の税制、情報等に基づいており、

その後の税制改正などにより、取扱いが変わることがありますので、

ご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「生保営業支援塾」会員募集中

http://www.seiho-juku.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「提案型税理士塾」会員募集中

http://www.teian-juku.com/

※お試し受講は下記から。
http://www.teian-juku.com/otameshi/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「税務相互相談会」

日本全国で800名以上の税理士が登録しているメーリングリスト。

http://www.sougo-soudan.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
「中小企業の社長が知っておくべき税務のポイント」

http://www.zeimu-news.com/
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
発行者:株式会社日本中央研修会代表取締役見田村元宣

協力:日本中央税理士法人代表税理士見田村元宣

◆電話:03-3539-3047

◆当社のDVDなどの商品一覧(税務、労務、医療、その他)
http://www.success-idea.com/

◆採用情報(日本中央税理士法人)
https://www.j-central.jp/recruit/
----------------------------------------------------------------------


●恵まれない方のために

皆さんが1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。http://www.dff.jp/


●本メールマガジンは専門的な内容を分かりやすくするため、

敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。

お伝えした方法を実行する際は当社までご相談ください。

当社にご相談の無い状況でこの情報を利用されて生じたいかなる損害に

ついても、当社は賠償責任を負いません。


■編集後記


ついに、花粉が飛び始めましたね・・・。


ニュースによれば、今年の夏は猛暑とのことですが、

猛暑の次の年の花粉飛散量は多くなるんですよね・・・。


来年の花粉症も厳しいのか・・・。


今年こそはレーザーで焼かないとですね・・・。


今年は50歳になるので、

色々と体のメンテナンスをしようと思っています。

本記事の著作権は(株)日本中央研修会に帰属しておりますので、無断使用、無断転載を禁止します。これらの事実が発覚した場合は法的措置を取らせて頂きますので、ご注意ください。複数の著作権侵害を受けた経験があるので、ご留意ください。

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名:

この記事は税理士 見田村元宣が配信したメルマガ(無料)をブログにアップしたものです。

メールアドレス:
姓:  名: